苦手な人に対して態度に出てしまう、避けてしまう癖がある・・・

苦手な人に対して、態度に出てしまう人は少なくありません。

気が合わない人や性格が合わない人がいるのは、どうしても

人間であれば、誰しもあるので仕方ないですね。

 

態度や顔には思い切り出さないほうがいいものですが、

やはり少し出てしまう人はいますよね。

 

ただ、そうした態度を思い切り出すのは社会人としては失格だし、相手からも

そのうち同じ反応が返ってきてしまうことになります。

 

自分のことを苦手そうな人のことをすきな人はほぼいないからです。

 

 

ネガティブな感情を抑えられない
苦手な人に対しては、嫌悪感や怒りなどのネガティブな感情を抱きやすいものです。その感情を抑えきれず、態度に出てしまうことがあります。

 

 

苦手な人とのコミュニケーションが苦手


苦手な人とのコミュニケーションは、ストレスや緊張を感じやすく、うまくいかないことが多いものです。そのため、苦手な人に対して冷たい態度や無視などの態度をとってしまうことがあります。

 

 

苦手な人との距離感を保ちたい


苦手な人との距離感を保ちたいために、あえて冷たい態度をとることがあります。

苦手だなと思う人とは、なるべく会話もしたくないし、目も合わせたくないですよね。

ただ、露骨にそうした態度を出すのは、あまり良くはないですね。

知らぬうちに敵をたくさん作ることになるかもしれません。

あなたが苦手でも、他の人はその人が好きな場合もありますから・・・

 

苦手な人に対して態度に出てしまうことは、相手にも不快感を与え、関係を悪化させる原因になる可能性があります。そのため、態度に出てしまうことを意識し、コントロールすることが大切です。

 

 

態度に出てしまうことを防ぐためには

 

ネガティブな感情をコントロールする


苦手な人に対してネガティブな感情を抱いたときは、それをコントロールするための方法を試してみましょう。例えば、深呼吸や腹式呼吸などでリラックスしたり、好きな音楽を聴いたりして、気持ちを落ち着かせるといいでしょう。

 

 

苦手な人とのコミュニケーションを練習する


苦手な人とのコミュニケーションに慣れるためには、練習が必要です。例えば、鏡の前で話しかけてみる、誰かと一緒に苦手な人と会うなど、まずは簡単なことから始めてみましょう。

 

適度な距離感を保つ

 


苦手な人との距離感を保つためには、仕事やプライベートなどで関わる時間を調整したり、話題を限定したりするなど、工夫してみましょう。

苦手な人に対して態度に出てしまうことは、誰にでもあることです。しかし、態度に出てしまうことを意識し、コントロールすることで、関係を良好に保つことができます。






Translate »
テキストのコピーはできません。