付き合う気がないのに遊ぶ人の心理、思わせぶりな態度を取る人がいる?




付き合う気がないのに遊ぶとは、恋人関係ではなく、
あくまでも友達や遊び仲間として、二人で出かけることです。

付き合う気がないのに遊ぶ理由

恋人になりたい

付き合う気がないのに遊ぶ場合でも、そのうち恋人になりたいという気持ちを持っている場合があります。
実はいいなと思っていて、2人で出かけたいと思っている。
好きな人となんとかして、距離を縮めたい。特別な存在になりたいと願っている時です。
タイミングがあれば、告白したい、と考えている場合です。

まだ付き合うかどうかは決めていないものの、まずは二人で遊んでみて、お互いの相性や気持ちを確認したいと考えているのです。

遊びたいだけ

付き合う気がないのに遊ぶ場合でも、単純に遊びたいだけという場合もあります。恋愛に興味がない、今は恋人が欲しいと思わない、などといった理由で、恋人関係に発展する可能性は低いでしょう。

単なる行きたいところに行ってくれる気の合う友人が欲しいだけ。
そのお相手は同性の友人でもいいのですが、たまたま親友はスケジュールが合わなくて
断られた時など。
休日が合う人なら、異性の友人でもとりあえず遊びに行きたい、食べにいきたいと考えている場合です。

付き合う気がないのに遊ぶ場合、注意しなければならない点があります。

それは、相手が恋人になりたいと思っている可能性が高いということです。

相手が恋人になりたいと思っている場合、二人で遊ぶことで、相手に期待を持たせてしまう可能性があります。

もし、付き合う気がないのに遊ぶのであれば、相手に自分の気持ちを伝えておくことが大切です。

相手が恋人になりたいと思っている場合は、その気持ちを断って、あくまでも友達や遊び仲間としての関係であることを伝えましょう。

付き合う気がないのに遊ぶ場合のメリットとデメリット

メリット

二人で過ごす時間を楽しめる
相手のことをよりよく知ることができる
新しい出会いがある

デメリット

相手に期待を持たせてしまう可能性がある
恋人関係に発展する可能性は低い
付き合う気がないのに遊ぶかどうかは、それぞれの状況や考え方によって判断することになります。しかし、相手に期待を持たせてしまう可能性があることを理解した上で、遊ぶかどうかを決めることが大切です。

付き合う気がないのに思わせぶりな態度を取る人の心理

自分に自信がない
付き合う気がないのに思わせぶりな態度を取る場合、自分に自信がない場合があります。相手に好意を持たれているかどうか不安に感じており、思わせぶりな態度で相手を引きつけようとしているのです。

自分に都合のいいように利用したい
付き合う気がないのに思わせぶりな態度を取る場合、自分に都合のいいように利用したい場合があります。相手に好意を持たせることで、相手を自分の思い通りに動かそうとしているのです。

恋愛のゲームを楽しみたい
付き合う気がないのに思わせぶりな態度を取る場合、恋愛のゲームを楽しみたい場合があります。相手を振り回したり、相手を嫉妬させたりすることで、自分の優位性を保ちたいのです。

付き合う気がないのに思わせぶりな態度を取られた場合、相手に自分の気持ちを伝えることが大切です。相手が恋人になりたいと思っている場合は、その気持ちを断って、あくまでも友達や遊び仲間としての関係であることを伝えましょう。




Translate »
テキストのコピーはできません。