職場ではどうでもいい人には怒らない?無関心な態度?どうでもいい人だからこそ優しい?


どうでもいい人には怒らないという考え方があります。

怒りは、ストレスや不満などの負の感情から生まれるものです。

怒りの対象が自分にとって重要であればあるほど、
怒りの感情は強くなります。

逆に、どうでもいい人であれば、怒りの感情も湧きにくくなります。

怒りには、相手を改心させようとする意図があります。

しかし、どうでもいい人に対しては、改心させようという意図もありません。

そのため、怒る必要もないわけです。

ある意味、部下には期待している、という気持ちがあっての

厳しく接する、というのは上司としてあるのだと思います。

あいつは、伸びるから、できる人だから、

優秀だから、もっと結果を出せる人だから、という期待もあったりして

試練を与えたり、課題を与えることもあるかもしれません。

ただ、上司と部下、仕事の上下関係がある場合、

アメとムチを使い分けると言いますか、

今時の人はやはり怒られ慣れていない育ちなので、

褒めたほうが断然伸びていくと思います。

厳しくすることがあっても、君には期待しているんだよ☆というフォローをしていたり、

良い面を1日1回は褒める、ということがないと

ただの厳しさだけならパワハラモラハラだと思われます。

嫌がらせとかされていたら、ただのいじめです。

そんな育て方では、急に会社から消えてしまったり、最悪の場合

この世からいなくなってしまうこともあるのが人です。

あなたのこうゆうところはすごい良いよね、

だから期待しているよ☆応援してるよ☆という態度が上司には必要だと思うんですよね。

今の人は、褒めて伸びる人が多いから。

友人との関係や恋人の関係でも、

これからも仲良くしていきたいからこそ
相手の欠点や悪いところを伝える場合もあります。

でも、やっぱり自分の欠点を指摘してくるような人って、

嫌がられやすいし、友人であっても、仲悪くなってしまったりするんですよね。

伝えることで、関係が終わるなら、そこまででしかない関係性ですが、

仲良くしていきたいからこそ、悪いところ直してほしいと感じてる部分を伝えた。

でも、それで相手がひどい、そんなこと言われたくないとひどく傷ついてしまった場合は
関係が一気に悪くなることもありますね。

わたし、こうゆう性格だから仕方ないの、と開き直ってしまう場合もあるし。

悪いところを伝えるのってすごく難しいですよね。

家族や兄弟であっても、それが原因でケンカになることもあるし、
時間を置いて、ごめんねと言いあえる関係ならいいのですが・・・

また、怒りは相手との関係を悪化させる可能性があります。

どうでもいい人であれば、関係が悪化しても大きな損失はありません。

そのため、怒りを抑えるメリットの方が大きいと言えます。

どうでもいい人と無関心になるかどうかは、人によって考え方が異なります。

無関心になるという考え方

限られた時間とエネルギーを大切にする

人間は誰でも時間とエネルギーには限りがあります。

どうでもいい人に気を配るよりも、自分にとって大切な人やことに
時間とエネルギーを注ぎたいと考える人もいるでしょう。

ストレスを減らす

どうでもいい人と関わることで、ストレスを感じる場合があります。
そのような場合は、関わりを断ち、ストレスを減らすことを優先することも大切です。

自分自身を守る

どうでもいい人の中には、利用しようとしたり、
傷つけようとしたりする人がいるかもしれません。
そのような人から自分自身を守るためには、無関心になることも有効な手段です。

一方、無関心にならないという考え方としては

人間関係を円滑にする

たとえどうでもいい人であっても、無視したり、
露骨に嫌な態度を取ったりすると、人間関係が悪化してしまう可能性があります。

円滑な人間関係を維持するためには、ある程度の関心を持つことが必要です。

思いやりを持つ

どうでもいい人であっても、一人一人の人生があり、
それぞれに悩みや苦しみを抱えている場合があります。

そのような人に対して、少しでも思いやりの気持ちを持つことが大切です。

自分自身の成長

どうでもいい人と関わることで、自分自身の価値観や考え方を
客観的に見つめることができます。

また、相手の立場に立って考えることで、コミュニケーション能力を向上させることもできます。

どうでもいい人と無関心になるかどうかは、
それぞれの人の価値観や考え方によって異なります。

どちらが良い悪いという問題ではなく、自分が納得できる選択をすることが大切です。








Translate »
テキストのコピーはできません。