好きな人を避けてしまった・・・?本当に惹かれ合う男女の2人がなぜか結ばれない理由


好きな人を避けてしまう気持ち、とても苦しいですよね。

実は両想いなのに、気持ちを素直にできないまま、上手に話せないなんてことが実際あります。

周りから見れば、せっかく惹かれあっているのだから、もっと話してみなよ、
近寄ってきて、と思うのに、
なぜかそれができないからこそもどかしい・・・

このままじゃ相手には別の恋人ができてしまうよ、と周りからは
思われているのに、気持ちを言えないまま。

親しく話すこともできない・・・

そして、縁がきれてしまう、なんて両想いだったはずなのに、
悲劇中の悲劇ですよ(‘Д’)

その恐怖心は、様々な要因から生まれるものです。

惹かれ合う2人がなぜか不思議なことに結ばれないのはよくある話です。

それはなぜか?

本当に好きな相手だと、心臓の鼓動が早くなります。

これを人は、恐怖に感じるので、逃げなければ、という反応をしてしまうのです。
ジャングルでクマやコモドドラゴン、トラやライオンに遭遇してしまった時の反応のようなものです。

早く逃げなければ、ドキドキ、バクバクと心臓の鼓動が・・・

この鼓動は周りの人に聞こえているのではないか!!!ヤバイ!!(‘Д’)

どこかに隠れたい・・
ダダダダダ!!!と走って逃げてしまう現象です。

このドキドキ感が、オレ、わたしは、もしかしておかしくなっちゃったんじゃないかな???
ミラクルヤバイ!!!となってしまうのです。

異性と話していて、そこまで緊張もしないし、仲良く話せるというのは、

いわゆる心の底から相手に惚れているわけではないのです。

本当に異性として惹かれていると、心臓の鼓動が早くなり、顔が赤くなったり

ドキドキして、それが避ける、目をそらす、といった反応になってしまうのです。

こうした2人が結ばれるには、お互いに慣れることが大事です。

2人で何度も会うことで、より親しみが湧き、話しやすくなります。

自信のなさで、相手と対等に話せなくなることがある。

自分の魅力や価値を信じられず、相手にふさわしいと思えない。

対処法:自分の良いところを認め、自信を高める。
過去の成功体験を思い出したり、自己肯定感を高めるワークを取り入れるのも有効です。

失敗への恐怖

告白して振られること、相手に嫌われることへの恐怖。

対処法:完璧を求めず、失敗を恐れずに挑戦してみる。
小さな目標から始めて、徐々に自信をつけていくのがおすすめです。

自己評価の低さ

自分自身を否定的に捉え、相手との恋愛がうまくいくとは思えない。

相手への理想化

相手を理想化しすぎて、自分が釣り合わないと感じている。

相手の良いところだけでなく、欠点も受け入れる。

相手も自分と同じ人間であることを認識することが大切です。

恋愛経験が少ない

恋愛経験が少ないために、相手との接し方が分からず、避けしてしまう。

恋愛自体への恐怖

恋愛が怖い、面倒くさいと感じている。

恋愛に対する価値観を見直し、本当に自分が求めるものは何かを考えることが大切です。

なぜ相手を避けたいのか、その理由を自分自身に問いかけてみましょう。

恐怖心の原因を理解することで、対処法も見えてきます。

少しずつ距離を縮める

いきなり告白するのではなく、まずは挨拶から始めてみましょう。

無理せず、自分のペースで距離を縮めていくことが大切です。

恐怖心から好きな人を避けてしまうのは、
決して恥ずかしいことではありません。

自分の気持ちに正直に向き合い、少しずつ克服していくことで、
きっと素敵な恋愛を掴むことができるはずです。








Translate »
テキストのコピーはできません。