振り向いてくれない人に不毛な恋、手の届かない人ばかりを好きになる心理とは


1. 自己肯定感の低さ

自分自身を好きになれない人は、相手からも愛されないという
無意識の思い込みを持っていることがあります。
そのため、自分よりも優れている人や絶対に振り向いてくれない人を
好きになることで、自分が傷つくことを避けている可能性があります。

2. 理想化

手の届かない人は、自分の理想を投影しやすい存在です。
実際に付き合うとなると、幻滅してしまう可能性が高いのですが、
理想のまま相手を好きになることで、永遠に続く恋を夢見ているのかもしれません。

3. 現実逃避

手の届かない人を好きになることで、
現実の恋愛から目を背けることができます。
失恋の痛みや人間関係の複雑さから逃れるために、あえて安全な距離を保っているのかもしれません。

4. 過去のトラウマ

過去の恋愛で傷ついた経験があると、新しい相手に心を開くことを
恐れてしまうことがあります。
そのため、安全な距離を保てる手の届かない人を好きになってしまう可能性があります。

手の届かない人を好きになることは、決して悪いことではありません。
しかし、常に失恋を繰り返してしまうなど、
自分自身を苦しめてしまう場合は、その心理メカニズムを理解し、
適切な対処法を見つけることが大切です。

好きかと聞かれたら、好きと断言もできないけど、 気がつけば目で追っている。 この人となんかあるんだろうなと直感で感じる異性など、 理由は分か...








Translate »
テキストのコピーはできません。