腑に落ちない別れ方




腑に落ちない別れ方とは、別れの理由や方法に納得がいかず、
モヤモヤや怒り、悲しみなどの感情が残る別れ方です。

相手から別れを告げられても、その理由がわからない場合、
腑に落ちないと感じるでしょう。

相手が「もう好きじゃない」としか言わなかった場合、
なぜ好きじゃなくなったのか、自分のどこが悪かったのか、
理解できないため、モヤモヤした気持ちが残ります。

相手から別れを告げられても、その理由が納得できない場合も、
腑に落ちないと感じるでしょう。

付き合ってると思っていたのに、
相手が他の異性とも遊んでいたりして、
え?もしかしてこの人二股かけてる???と
不信に思うような出来事があったりすれば、
信用もなくします。

相手が「あなたといると疲れる」と言った場合、
自分は相手を疲れさせていると思っていなかったため、納得できないと感じるでしょう。

相手から別れを告げられても、その方法が不誠実だった場合も
腑に落ちないと感じるでしょう。

相手がメールやLINEで別れを告げた場合、
直接会って話してくれなかったことに不誠実さを感じるでしょう。

いろいろなことを言いつつ、本当は、別の異性と二股をかけていて、
自分じゃないほうの人を選んだのかな・・・と。

そうゆう理由なら、はっきり言ってほしいです。

相手から別れを告げられても、自分が別れたいと思っていた場合でも、一方的な別れは腑に落ちないと感じるでしょう。例えば、相手から「別れたい」と言われたものの、自分はまだ別れたくなかった場合、一方的に別れを切り出されたことへの不満や寂しさを感じるでしょう。

腑に落ちない別れ方を経験しても、いつかは立ち直ることができます。

別れは誰にとっても辛いもの・・・

切り出すほうも、言いにくいなと思いながら過ごしているのかもしれません。

一方的な別れや、音信不通で連絡が取れない別れは関係がこじれやすいです。

円満には別れていないと、相手にはよくは思われません。




Translate »
テキストのコピーはできません。