別れ話に相手が納得しない・・きれいに別れられない・・・





別れ話において、相手が納得しないことはよくあります。

別れの理由が、相手にとって理解できない場合、
納得できないのは当然です。

突然別れたいと言われ、理由がはっきりしない
相手に対する不満や嫌悪感を理由に別れを切り出す
相手に非がある理由なのに、自分にも非があると言ってしまう

相手が別れたくない場合、納得できないのは当然です。

正直言えば、別れたいと思う時は、
お相手といて、これからも付き合っていきたい人ではない

好きではないところがある

相手の欠点で許せないところがある

一緒にいても幸せではない

など、いろいろ理由はあると思いますが、相手を傷つけると考えて、
本当の想いはなかなか言えなかったりします。

ただ、本当の理由を言わずに、一方的にただ別れたいと言えば、
相手はそうした態度にも傷つきます。

せめて最後なんだから、顔を見て話してほしいと思いますよね。

別れたつもりで、すでに別の恋人を作っていたり、
他の人と結婚する、というような報告をすれば、そりゃ別れたつもりのない相手は、
驚きとともに傷つきます。

今までの関係なんだったの?

都合の良い関係だったのかな・・・と傷つきますね。

最後なのに、適当な理由で逃げる人、察してほしいと連絡を徐々に辞める人、

こうした別れは、相手が未練がある場合は、円満には別れられません。

きれいに別れることは、相手に気持ちがまだある時は、難しいですね。

別れの理由を丁寧に説明することで、相手が理解しやすくなります。
ただし、相手が納得しない理由を無理に説明しても、逆効果になる可能性もあります。

相手が納得しなくても、別れの決意を固めることも大切です。
別れることを決意したことを相手に伝え、今後は別々の道を歩んでいくことを理解してもらいましょう。

相手が納得しない別れ話は、双方にとって辛いものです。
しかし、お互いに納得した形で別れることが、その後の人生を歩むためにも重要です。




Translate »
テキストのコピーはできません。