顔がタイプじゃないけど性格が合う彼氏とは恋愛はうまくいく?


「顔がタイプじゃないけど性格が合う」という状況は、
多くの人が経験するものです。

人は見た目がすべてというわけではありませんが、
一時的な関係ではなくて、恋愛相手結婚相手となると、
性格がいいだけ、顔がいいだけ、では関係が続かない可能性もあります。

見た目が好きなだけで、話が合わない性格が合わない、価値観が合わないというのも
うまくはいかないです。

遊ぶだけなら、性格が良くて、見た目は好みじゃなくてもいいものですが、
結婚相手となると、慎重になりますね。

1. 外見よりも性格を重視して関係を続ける

性格が合う相手と過ごす時間は、とても心地よいものです。
価値観や趣味が共通していたり、話が合ったりすることで、深い信頼関係を築くことができます。
外見よりも性格を重視することで、長続きする関係を築ける可能性が高いです。

2. 外見も重要視し、関係を続けるかどうかを慎重に検討する

外見も自分にとって重要な要素である場合は、関係を続けるかどうかを
慎重に検討する必要があります。
時間をかけて相手のことを理解することで、
外見に対する印象が変わる可能性もあります。

しかし、外見に対する違和感がどうしても拭えない場合は、
関係を続けるのは難しいかもしれません。

3. 距離を置く

相手への気持ちに迷いがある場合は、距離を置いてみるのも一つの方法です。
距離を置くことで、相手への自分の気持ちや、
本当に求める関係性について考えることができます。

どの選択肢を選ぶかは、あなた自身の価値観や状況によって異なります。

1. 外見よりも性格を重視して関係を続ける

相手の性格のどのような部分に惹かれているのかを具体的に書き出してみる。
外見がタイプではないことに対する抵抗感がある場合は、その原因を探ってみる。
長期的な視野で、どのような関係を築きたいかを考えてみる。

2. 外見も重要視し、関係を続けるかどうかを慎重に検討する

時間をかけて相手のことを理解することで、外見に対する印象が変わるかどうか様子を見てみる。
外見がタイプではないことで、どのようなデメリットがあるかを具体的に考えてみる。
外見がタイプではないことを克服できるかどうか、自分自身に問いかけてみる。

3. 距離を置く

距離を置くことで、相手への気持ちや、本当に求める関係性について考える時間を作る。
距離を置くことを相手にどのように伝えるかを考える。
距離を置いた後、関係を続けるかどうかを改めて判断する。
いずれの選択肢を選ぶにしても、自分が後悔しない選択をすることが大切です。








Translate »
テキストのコピーはできません。