別れた後、もう二度と会いたくないと思う心理とは


別れた後、モトカノや元カレに会いたくない気持ち、

とてもよく分かります。

別れ方によっては、もう二度と会いたくない

そのへんの道でばったり会うのも嫌。

という気持ちにもなりますよね。

あんなにも好きだった思いを持っていた時もあったはずなのに・・・

人との関係は悲しいけれど、時間が経つとかわってしまうものです。

世界で一番大切だった、顔を見たくて仕方がない日もあったはずのあの人が
もう二度と会うこともない存在になるなんて・・・

別れって本当に悲しいなと思う。

本当に悲しい思いをした失恋の後は、
あんなに好きだったあの人の記憶をすべて消してしまいたい

できれば、存在を知らなかったあの頃に戻れたらな・・・そう思うこともあるんです。

失恋の思いや失ってしまった人のことは、いろいろな経験をしても
数年経っても完全に記憶からは消えてくれない

そして、思い出すたびに胸が痛むのです。

だから苦しみたくないから、存在のすべてを記憶から消せたらいいのに・・・
辛すぎて死にたくなる夜は、あれはすべて夢だったのだ・・・と思うようにしている。

あの人との出会いは存在していない。
そう思わないと、辛すぎる時もある。

映画やドラマで辛すぎるカップルの別れを見た。
泣けるなぁ・・・こんな思いしたくない。と思いながら、
失恋のことが現実だったのだと思いたくない。

もう出会うことのない人のことを思い出して苦しみたくない。

別れた時の嫌な思い出

浮気や裏切りなど、大きな傷を負った場合、その相手と顔を
合わせることを拒絶してしまう気持ちは当然です。

罵倒や暴言など、別れの言葉や態度がひどい場合は、
トラウマとして残ってしまうこともあります。

長年連れ添ったパートナーとの別れの場合、喪失感や孤独感、
虚無感など、複雑な感情が絡み合い、元カレと会うことを避けてしまうことがあります。

怒りや恨み

別れの原因が相手にある場合、納得できない気持ちや怒り、恨みが残っている可能性があります。

相手が非を認めず、謝罪もない場合は、さらに気持ちが悪化し、
会いたくない気持ちが強くなります。

モラハラやDV被害を受けた場合、恐怖心や支配的な関係性から、
相手と会うことを恐れてしまうこともあります。

罪悪感や後悔

自分自身が別れを切り出した場合、相手を傷つけてしまった
という罪悪感や後悔を抱えている可能性があります。

別れの原因が自分にある場合、相手を責めてしまう気持ちや、
会った時にどう接すれば良いか分からず、不安を感じてしまうこともあります。

自分勝手な行動で相手を傷つけてしまった場合、償いの気持ちから、
会って謝罪したいと思う一方で、相手を傷つけたくないという気持ちから
会いたくないと思うこともあります。

未練

まだ好きという気持ち

別れた後も、元カレへの愛情が残っている場合、
会いたくない気持ちの裏には、会いたい気持ちや復縁への期待が隠されている可能性があります。

元カレと過ごした楽しかった思い出が蘇り、
もう一度やり直したいという気持ちが湧き上がることもあります。

新しい恋を始められない場合、元カレとの比較や過去の恋愛に囚われてしまうこともあります。

失恋の痛み

別れたことをまだ受け入れられず、失恋の痛みに苦しんでいる場合、
元カレと会うことで傷が深まることを恐れてしまうことがあります。

別れた後の現実を受け入れるのが辛く、会えば気持ちが
揺らいでしまうのではないかという不安を感じてしまうこともあります。

元カレと共通の友人や場所を避けたり、思い出の品を処分したり、
失恋の痛みを乗り越えるための努力をしていることもあります。

元カレと比べてしまうことで、新しい恋を始めることに自信が持てないこともあります。

過去の恋愛を引きずりたくないという気持ちから、
元カレと会うことを避け、新しい一歩を踏み出そうとしていることもあります。

別れた後、元カレに会いたくない気持ちは、
様々な要因によって生じています。

大切なのは、自分の気持ちを理解し、自分自身に優しくすることです。

時間をかけて、ゆっくりと心の整理をしていきましょう。








Translate »
テキストのコピーはできません。