本ページにはプロポーションが含まれています

自分から好きになった人には好かれない症候群・・・

シェアする





自分から好きになった人には好かれない症候群とは、
自分が好意を抱いた相手には、なぜか好意を返してもらえない、
という状況に陥ってしまうことを指します。

好きでもない人からはアプローチを受けるけど、
自分が好きな人にはモテないという状況、辛いですよね。

なぜ好きな人からは好かれないのか?

恋愛は、受け身姿勢でいると、あまりうまくいきません。

好きな人に好意を抱いても、自分からアプローチをしないことで、
相手に自分の好意が伝わりません。好きだとさりげなくアピールをすることで
相手にも異性として意識してもらいやすくなります。

また、自分からアプローチをしないことで、
相手から「自分に興味がない」と思われてしまう可能性もあります。

好きな人を前にすると、緊張や不安からネガティブな印象を与えてしまうことがあります。
いわゆる好き避け行動ですね。
好きだからこそ、ドキドキして逃げてしまう。
これでは仲良くなれないのが最大の欠点です。
見た目が良い子でも、こんな感じでは相手から見ると、
自分のことがキラい?と勘違いされます。

例えば、相手の目を見て話せない、声が小さい、会話が弾まない、などです。

このようなネガティブな印象を与えてしまうと、相手は「この人と付き合うのは難しいかも」と考えてしまいます。
もっと話しやすくて、自分を見る時に楽しそうに話しかけてくれる子が好きという男性もいます。
好意はわかりやすいほうが得です。

単純に、相手の好みが自分と合わないケースもあります。
例えば、自分がタイプだと考えている相手が、自分とは違うタイプの人が好きだったという場合です。

好きな人に好意を抱いたら、まずは自分から積極的にアプローチしましょう。

笑顔で挨拶する、話すきっかけを作る、など、まずは小さなことから始めてみましょう。

話しやすい、一番仲良い子と思われなければ始まりません。
なんかあの子いいよね、という好感触がなければ、そもそも興味をもってもらえません。

また、自分から好きになった人に好かれないことが続くと、自信を失ってしまうこともありますね。

しかし、恋愛はタイミングや運も大きく関わってきます。

失敗を恐れずに、自分を磨きながら、また新たな出会いを探していきましょう。




シェアする

Translate »