本当は好きなのに告白を断る人もいる!?好きだったけど振った人の心理





好きだったけど振ったという経験がある人も少なくはないのではないでしょうか?

人として好きではあるけれど、

まだ気持ちとして本物じゃない・・・

告白されたけど、付き合いたいのか自分でもわからない・・・

誠実であればあるほど、適当な気持ちでは付き合えないものですね。

本当は、自分も好き。

でも、今は付き合えない・・・

悲しいけれど、告白は断る・・・ツライですね。お互いに。

好きだったけど振った場合、どのように対処したらよいのでしょうか。

まずは、自分の感情を整理することが大切です。なぜ振ったのか、その理由を自分なりに考えてみましょう。また、振った相手と距離を置いて、冷静に考えることも必要です。

好きだったけど振ったという経験は、誰にとっても辛いものです。しかし、その経験を乗り越えることで、自分自身を見つめ直すきっかけになるかもしれません。

自分の感情を整理する
まずは、自分の感情を整理することが大切です。なぜ振ったのか、その理由を自分なりに考えてみましょう。

振った相手と距離を置く

振った相手と距離を置いて、冷静に考えることも必要です。振った相手と接する時間や頻度を減らすことで、自分の気持ちが整理しやすくなります。

時間の経過とともに、気持ちが落ち着いてくることもあるでしょう。しかし、時間が経っても気持ちが戻らない場合は、無理に付き合い続ける必要はありません。

好きだけれど、告白を断るからには、それなりの理由があるはずです。

好きだけど・・・でも、

付き合いたい気持ちにはなれない。

今は付き合えない。

人の感情は複雑なものです。

好きという気持ちだけで付き合えるのは、若い頃はあるかもしれませんが、

いい大人になると、感情だけで勢いで付き合うのもあまり良くはありませんね。

まずは、自分の気持ちを素直に認めることが大切です。振ったことで罪悪感や後悔、寂しさなどの感情を抱えているかもしれませんが、それらを否定したり押し込めたりせず、まずはそのまま受け入れましょう。

振った後は、自分の時間を大切にしましょう。一人で過ごす時間や、好きなことに没頭する時間を増やして、心を落ち着かせましょう。

好きだったけど告白を断る理由は、人によってさまざまです。

相手のことを好きだけど、恋愛対象として見られない

相手のことを人として好きだけど、恋愛感情は抱いていない、という場合です。相手のことを大切な友人や家族として見ている、という場合も含まれます。100%好きな気持ちはない。
元カレやモトカノと比較すると、そこまでの想いはないなと感じる。
会えない時、会いたいとまでは想わない・・・など。

相手のことを好きだけど、付き合うことが難しい

相手の性格や価値観と、自分の性格や価値観が合わないと感じる、という場合です。また、相手の仕事や生活環境が忙しく、付き合いが難しいと感じる、という場合もあります。

相手の気持ちに応えられないことを恐れる

相手の気持ちに応えられない、または応えられない可能性があることを恐れて、告白を断る場合があります。例えば、相手が自分よりもずっと年上や年下である場合、相手にすでに恋人がいる場合、などです。

告白を断ることで、相手との関係を壊したくない

告白を断ることで、相手との関係が壊れてしまうことを恐れて、告白を断る場合があります。特に、友達や同僚など、普段からよく会う関係の場合、告白を断ることで気まずい関係になってしまうことを懸念することもあるでしょう。

自分の気持ちに自信がない

本当に相手が好きなのか、本当に付き合いたいのか、自分の気持ちに自信が持てないために、告白を断る場合があります。

告白を断ることは、相手を傷つけてしまうこともあるため、慎重に検討することが大切です。ただし、自分の気持ちに正直であることも大切です。

もし、本当に付き合うことが難しいと感じている場合は、丁寧に理由を説明して、告白を断るようにしましょう。




Translate »
テキストのコピーはできません。