最低だなと思った元カレ、長く付き合った彼氏を忘れる方法

シェアする





長く付き合った彼氏を忘れるのは、とても辛い経験ですよね。
しかし、時間をかけて、必ず前に進むことができます。

1. 自分の気持ちに正直になる

まず大切なのは、自分の気持ちに正直になることです。悲しみ、怒り、寂しさなど、様々な感情が湧いてくるでしょう。これらの感情を押し殺すのではなく、しっかりと受け止めましょう。日記を書いたり、友達に話を聞いてもらったりするのも良いでしょう。

2. 思い出の整理

共通の知人から話を聞いたりすると、思い出してしまうこともありますね。
なるべく元カレの話題もしないのが良いです。

彼氏との思い出の品々は、見るたびに辛くなってしまうかもしれません。無理に捨てる必要はありませんが、目につかない場所にしまっておくことをおすすめします。また、SNSでの彼の投稿なども、見るのを控えた方が良いでしょう。

3. 環境を変える

可能であれば、しばらくの間、環境を変えるのも良いでしょう。
お引越しをすると、偶然ばったり会う機会もなくなります。
どうしても顔を見たり姿を見る機会があると、なかなか忘れられません。
会うことがまったくなければ、記憶から薄れていき、だんだんと忘れることができます。
新しい出会いを見つけたり、この人いいなぁと思う異性と出会うことができれば、
だんだんと心が別の異性に傾くので、昔の彼氏のことはどうでもよくなってきたりします。

あんなにも寝ても覚めても思い出していたあの人のことが急にどうでもよくなる日が
来ます。
1年経つと、人は徐々に変わっていきますよね。
季節のサイクルと同じで、春が来れば、気持ちもさっぱり爽やかになるのだろうかと思うことがあります。

私も、長らく好きだった人がいたことがありますが、
ずいぶん会わなくなった時には、もうどうでも良くなりましたね。
もう新しい恋もしていたし。
偶然に道で見かけたこともありますが、もう気持ちが吹っ切れていたので、
振り返ることもなく、何の未練もありませんでした。

あの人、数年見ないうちに変わったなと思うこともありますが、
自分自身も知らないうちに気持ちも内面も変わっていくもんなんですよね。

世の中、変わらないものは何もない。
すべてがいつの間にか変わっていく。
変化していくのが当たり前なのかもしれません。

誰かへの愛も、憎しみさえも消えていく・・・

時とともに。

辛いことも悲しみも苦しみも、忘れていく。

旅行に行ったり、友達と遊んだり、新しい趣味を始めたりすることで、気分転換になります。

4. 自分磨きをする

失恋の痛みを乗り越えるためには、自分自身を大切にすることが大切です。運動を始めたり、美容に気を遣ったり、新しいことに挑戦したりすることで、自信を取り戻しましょう。

5. 時間を味方に

どんなに辛い失恋でも、時間は必ず解決してくれます。焦らず、ゆっくりと前に進んでいきましょう。










シェアする

Translate »