喧嘩後に音信不通になる男性心理とは


喧嘩の後、彼氏が音信不通になると
不安や心配で押しつぶされそうになりますよね。

なぜ連絡をくれないのか、彼の気持ちを知りたいと切実になるでしょう。

音信不通になる男性心理は複雑で、様々な理由が考えられます。

1. 冷却期間を必要としている

多くの場合、男性は喧嘩の直後、感情が昂ぶっているため、
冷静になるために距離を置きたいと考えます。

これは、相手を傷つけたり、取り返しのつかないことを
言ったりすることを防ぐためでもあります。

彼が落ち着くのを待つ
冷静になった頃に、自分から連絡をする
連絡する際は、謝罪と反省の言葉を伝える

2. 自分の気持ちと向き合っている

喧嘩をきっかけに、彼自身の問題や関係性について深く考え、
自分なりの答えを見つけようとしている可能性があります。

3. 別れを考えている

残念ながら、別れを真剣に考えている可能性もあります。
特に、喧嘩の内容が深刻な場合や、

何度も同じような問題で衝突している場合は要注意です。

4. プライドが高い

プライドの高い男性は、自分から連絡をすることを
「負け」と捉えてしまうことがあります。

たとえ自分が悪いと感じていても、素直になれず、
相手からの連絡を待つ場合があります。

5. 連絡するのが面倒くさい

面倒くさがりな性格の男性は、
喧嘩の後に連絡するのが面倒と感じ、
そのまま音信不通になってしまうことがあります。

6. 疲れている

仕事や人間関係などで疲れている場合、
喧嘩のストレスに対処するのが難しく、
音信不通になってしまうことがあります。

音信不通の期間

音信不通の期間は、男性の性格や状況によって異なります。

数日~数週間程度であれば、比較的短い期間で連絡が来る可能性があります。

しかし、数ヶ月以上音信不通が続く場合は、
別れを覚悟した方が良いかもしれません。

音信不通は、関係を見直す貴重な機会と捉えることもできます。

恋愛に別れはつきものですが、「本当は追いかけて欲しかったのに」という 経験がある人もいるかも知れませんね。 付き合った男性の性格など...








Translate »
テキストのコピーはできません。