老後破産する人の特徴、実態とは


老後破産とは、65歳以上の高齢者が、生活費を支払えなくなり、
自己破産を申請するケースです。

近年、増加傾向にあり、他人事ではない問題となっています。

老後破産してしまう人には、いくつかの特徴があります。

1. 貯蓄が不足している

老後破産する人の多くは、そもそも老後に必要な貯蓄が不足しています。

厚生労働省の調査によると、65歳以上の無職世帯の平均貯蓄額は約2000万円ですが、

老後20年間生活するには最低2000万円、できれば3000万円以上の貯蓄が必要といわれています。

2. 家計管理ができていない

老後破産する人は、日々の家計管理ができていないケースが多いです。
収入と支出を把握しておらず、無駄遣いが多い傾向があります。

3. 年金受給額が少ない

老後破産する人の多くは、年金受給額が少ないです。

支出の増加

医療費や介護費用などの増加は、老後破産に大きな影響を与えます。
特に、介護が必要になった場合、介護施設の入所費用や介護サービスの利用料は高額となり、大きな負担となります。

4. 病気や介護が必要になった

病気や介護が必要になると、医療費や介護費用がかさみます。

貯蓄が少なければ、すぐに破綻してしまう可能性があります。

5. 働きたくても働けない

老後破産する人は、健康上の理由などで働きたくても働けないケースが多いです。
収入が減り、生活が苦しくなってしまう可能性があります。

6. プライドが高い

老後破産する人は、プライドが高く、生活レベルを下げようと
しないケースがあります。収入が減っても、
以前と同じ生活を続けようとして、破綻してしまう可能性があります。

老後破産を防ぐためには

1. 早いうちから貯蓄を始める

老後破産を防ぐためには、早いうちから貯蓄を始めることが重要です。
毎月一定額を貯蓄し、老後に備えましょう。

2. 家計管理をしっかりする

家計管理をしっかりして、無駄遣いを減らすことが重要です。
収入と支出を把握し、計画的に生活しましょう

老後破産は、誰にでも起こり得ることです。
早いうちから対策をしておけば、防ぐことができます。








Translate »
テキストのコピーはできません。