恋愛って付き合うまでが一番楽しい時期?


1. 可能性に満ち溢れたワクワク感

まだ恋人関係ではないからこそ、相手との未来は無限大に広がります。

どんな関係を築いていけるのか、どんな思い出を作れるのか、
想像するだけで心が弾みます。

2. 特別な存在感を味わえる

まだ両想いではないからこそ、相手とのやり取り一つ一つが
特別に感じられます。

ちょっとした会話や偶然の触れ合いにも、ドキドキしてしまうものです。

3. 理想を投影しやすい

まだ相手のことを深く知らないからこそ、理想のパートナー像を
投影しやすいという側面もあります。

実際には異なる部分があったとしても、そのギャップに気付いていないため、幻想を維持できます。

4. 駆け引きを楽しめる

相手との距離を縮めるために、さまざまな駆け引きを楽しむこともできます。

好意を匂わせたり、あえてそっけなく接したり、
相手を翻弄することで、より深い愛情を芽生えさせることができます。

5. 努力を惜しまない

相手を振り向かせようと、自分磨きを頑張ったり、
積極的にアプローチしたり、付き合う前の方が努力を
惜しまない傾向があります。

その結果、関係がより良い方向へと進んでいくこともあります。

付き合うまではドキドキもの
もしかしてわたしたちは両想いなんじゃないか?と
思っている時期が楽しいものですね。

しかし、恋愛はタイミングが命。
チャンスを逃してしまうと、うまくいかないこともあります。

どちらかが告白をしたり、好意を出していかないと進展もしません。

1. 現実とのギャップに直面する可能性

実際に付き合い始めると、理想と現実のギャップに直面し、幻滅してしまうことがあります。

2. 長続きしない関係に繋がる恐れ

恋愛の初期段階の熱情だけで関係を築いている場合、気持ちが冷めると
すぐに破局してしまう可能性があります。

3. 相手を深く知らずに関係を築いてしまう

付き合う前の段階では、相手の性格や価値観を十分に
理解できていない可能性があります。

4. チャンスを逃してしまう

相手との距離を縮めることに消極的なあまり、
好意を伝えられずに関係が終わってしまうこともあります。

多分両想いなのに、お互いに気持ちを隠したまま
だと友達としか思われていないかも・・・と勘違いして、冷めてしまうこともあるのが
恋心。

5. 関係の進展に焦ってしまう

付き合うことばかりに意識が向いてしまい、
相手との時間を純粋に楽しむことができないこともあります。

出会った女性に対して本気で恋愛感情を抱いています。 そのため、少しでも早く関係を進展させたいと考え、すぐに付き合おうと言うのです。 また、...








Translate »
テキストのコピーはできません。