職場で悪口を聞かされるのはモラルハラスメント?聞こえるように陰口を言う人の心理


モラルハラスメント(moral harassment)とは、
職場における嫌がらせ行為のことです。

一般的には、上司から部下に対して行われるものと考えられていますが、
同僚間や部下から上司に対して行われることもあります。

暴言や悪口、陰口を言う
無視や仲間はずれにする
業務上必要のない嫌がらせをする
プライバシーに関することなどを詮索する

これらの行為は、被害者の尊厳を傷つけ、精神的な苦痛を与えるものです。

ひどい場合には、うつ病や自殺に追い込むこともあります。

モラルハラスメントの対策

加害者にやめるように注意する
上司や相談窓口に相談する
証拠を集めて、会社に訴える

モラルハラスメントは、決して許される行為ではありません。

被害者は、一人で悩まずに、周囲に助けを求めることが大切です。

陰口は、モラルハラスメントの一種です。陰口は、
本人がいないところで悪口や噂話をすることです。

陰口は、本人の名誉を傷つけ、精神的な苦痛を与えるものです。

聞こえるように陰口を言う人の心理

1. ストレス発散

日々の生活の中で溜まったストレスを、
悪口を言うことで発散しようとしている可能性があります。

本人に直接言えない不満や怒りを、陰口という形で吐き出すことで、
一時的に気持ちが楽になることがあります。

2. 優位性確保

相手を批判することで、自分が相手より優位な立場にいることを
確認しようとしている可能性があります。

自分の価値を高めるために、他人を貶めることで優越感を得ようとする心理です。

3. 注目されたい

周囲の人の注目を集めるために、あえて聞こえるように
陰口を言うことがあります。悪口を言うことで話題の中心になり、
自分が注目されることを求めている心理です。

4. 仲間意識の形成

共通の敵を作ることで、仲間意識を形成しようとしている可能性があります。
悪口を言うことで、自分たちと相手は違うという線引きを行い、
仲間との一体感を高めようとする心理です。

5. 本人に気づいてほしい

問題のある行動や言動を改めるように、あえて聞こえるように
注意している可能性があります。

直接注意するのが難しい場合、陰口という形でメッセージを
伝えようとする場合があります。

単純に悪口を言うのが好きな人や、
場の雰囲気に流されてつい悪口を言ってしまったという場合もあります。

いずれにしても、聞こえるように陰口を言う行為は相手を傷つけ、
人間関係を悪化させる可能性があります。

もし、自分が悪口を言われているのを聞いてしまった場合は、冷静に対処することが大切です。

無視する
その場を離れる
相手に直接注意する
信頼できる人に相談する

状況に応じて適切な方法を選択し、
相手との関係性や自分の気持ちに折り合いをつけながら対処することが重要です。

陰口は、誰にでも言ってしまう可能性があります。
陰口を言わないように意識することが大切です。

もし、陰口を言われてしまった場合

加害者にやめるように注意する
聞き流す
信頼できる人に相談する

陰口は、一人で悩んでしまうと、
さらに苦痛が大きくなります。周囲に助けを求めることが大切です。

モラルハラスメントや陰口は、職場環境を悪化させ、
仕事のパフォーマンスにも影響を与えます。
これらの行為をなくすために、一人一人が意識することが大切です。

恋愛における裏切りは、非常に辛い経験であり、深い傷を負います。 信頼していた相手に裏切られることは、精神的な苦痛だけでなく、 人間関係や人...








Translate »
テキストのコピーはできません。