距離感が近い人が苦手、疲れる・・・


距離感が近い人が苦手で疲れる気持ち、よく分かります。

人それぞれ、心地よい距離感は異なるものなので、
決してあなたの感覚がおかしいわけではありません。

距離感が近い人が苦手な理由

エネルギーを奪われる: 敏感な人は、周囲のエネルギーを吸収しやすい傾向があります。

距離が近い人とは、無意識のうちにエネルギー交換が活発になり、消耗してしまうことがあります。

境界線が侵害されたと感じる: 人にはそれぞれ、
自分だけの空間(パーソナルスペース)があります。

距離が近い人は、その空間に入り込んでくるため、境界線が侵害されたと感じ、
ストレスを感じてしまうことがあります。

常に気を遣ってしまう: 距離が近い人とは、
常に気を遣ってしまい、疲れてしまうことがあります。

相手の言動や感情に敏感になり、
常に気を張っていなければいけない状態は、精神的に負担が大きくなります。

距離感が近い人に疲れないための対処法

距離を置く: 物理的に距離を置くことで、エネルギーの消耗を防ぎ、
自分の空間を守ることができます。

境界線を明確にする: 自分の許容範囲を相手に伝え、

境界線を明確にすることで、誤解を防ぎ、お互いに安心できる関係を築くことができます。

コミュニケーションを丁寧にする: 相手の気持ちに配慮しながら、自分の気持ちを伝え、お互いに理解し合えるように努めることで、ストレスを軽減することができます。

一人で過ごす時間を大切にする: 充電時間を確保することで、
エネルギーを回復し、心身ともにリフレッシュすることができます。

距離感が近い人と付き合うコツ

相手との相性: 距離感が近い人でも、相性によっては心地よく過ごせる場合があります。相手との価値観やコミュニケーションスタイルを理解し、お互いに尊重することが大切です。

距離感を調整する: 常に一定の距離を保つ必要はなく、状況に応じて距離感を調整することで、良好な関係を維持することができます。

自分の気持ちに正直になる: 相手に合わせすぎて、無理をしてしまうと、ストレスが溜まってしまいます。自分の気持ちに正直になり、心地よい距離感を保つことが大切です。

距離感が近い人が苦手で疲れるのは、決してあなたの心が弱いわけではありません。

自分の特性を理解し、適切な対処法を実践することで、ストレスを軽減し、
人間関係をより快適に築くことができます。








Translate »
テキストのコピーはできません。