本ページにはプロポーションが含まれています

別れ話、失恋で愛情が憎しみに変わる?

シェアする





失恋によって愛情が憎しみに変わることがあります。

自己愛の傷害

失恋は、自分の価値や存在意義を否定されたような
感覚を覚えることがあります。

その結果、自己愛が傷つけられ、相手を憎む気持ちが生まれます。

片思いの相手に振られた場合、
自分は相手に愛される価値がないと捉えてしまうことがあります。

その結果、相手を憎む気持ちが生まれ、
復讐を誓ったり、相手を傷つけるような言動に出たりすることがあります。

失望感

失恋は、相手に対する期待や理想が打ち砕かれたことを意味します。

その結果、失望感や怒り、憎しみなどの感情が生まれます。

例えば、結婚生活を送っていた相手に浮気された場合、
相手に対する信頼や愛情が崩れ去ります。

その結果、相手を憎む気持ちが生まれ、離婚や復讐を望むようになります。

このように、失恋によって愛情が憎しみに変わる理由は、
自己愛の傷害や失望感などが挙げられます。

失恋によって憎しみの感情を抱いてしまった場合

まずは、自分の感情を受け入れ、認めることが大切です。

憎しみの感情を抑え込もうとすると、逆にその感情が強まってしまうことがあります。

失恋というものは本当に悲しい気持ちになります。

特に、別れ話をされた当日は辛い思いをするのは、だれもが同じです。

傷付いたりショックを受けるのも、相手を好きでいたからこそ・・・

なんの思いもなければ、傷つきもしないし恨みもありません。

好きだからこそ、悲しみ、怒り、憎しみに変わっていくものです。

特に、付き合っていた人から別れ話をされた時は、

悲しみから怒り、悔しい気持ちに変化するのは自然なことです。

その過程を乗り越えて、いつしか忘れられる日が来ます。

別れは、仕方ありません。

相手にとって、なにか嫌なことがあったのかもしれないし、

それはそれで反省するしかない。

思い当たることがあるなら。

もし、ないのであれば、こんな自分を振って、損しちゃったなアイツ・・

オレの価値に気づかないなんてバカな奴だったな・・・

いつしか復縁したいなんて言ってきたとしても、こっちから願い下げだぜ!!!( *´艸`)

と負の感情をバネにして、なにかポジティブな活動に生かしたほうがいいです。

怒りのエネルギーは、とてつもない力を発揮してくれます。




シェアする

Translate »