生活の知恵

徳を積んだほうが人生良いことが起きる?徳がある人になる方法とは

人生、運が良いと思う時もあれば、
運が悪いと感じる時もありますよね。

 

あの人は徳があると言われる人もいます。

何故だか人生がうまくいっている。
仕事も成功しているように見える。


運が良いように見える。

良い行いをしていると、良いことが巡り巡って
自分のもとに来る、
と昔から言われています。

日々の暮らしの中で良いことをしているほうが
なんとなく気分が良いですよね。

徳を積むとはなにか簡単にお伝えします。

徳には、陽徳と陰徳があります。

陽徳は、目に見える形で、人に良い行いをすること。

陰徳は、他人は見ていないところで、良い行いをすることです。

徳を積むと、実際良いことがたくさん起きます。

この世界では誰もひとりでは生きていけないものです。


いろいろな人と関わり合いながら生きていますが、
周囲からの人望が厚いと、困った時にも助けてもらえることもありますね。

ピンチの時に助けてもらえる人は、日頃から信用されていることが条件です。

人に親切にしていると、人からも好かれ親切にされます。

良い出会いがある

徳を積んでいると、人脈もできます。


あの人にあの人を紹介しよう、と周りの人が
ステキな人を紹介してくれることもあるんです。

人との出会いはご縁。

人からの紹介、そうしたものがなければ繋がれない人も
世の中たくさんいます。
あの人良い人だから紹介したいなと思われる人になることが大事です。

徳を積む方法をご紹介します。

体施

体を使って、人に喜んでもらうことです。

例えば、ゴミを拾う、汚れたところを清掃する。

家族のためにお料理を作る。

結婚していて家族がいる場合は、みんなのご飯の材料を買いに行ったり

お料理を手作りで作る人が多いですね。

こうして、家族に喜んでもらえることを自然に行うことは、

徳を積む行動なんです。

みんな、口には出さなくても、美味しい料理を作ってくれたら

感謝しています。

ありがとうと心の中で思われることが大事なのですよね。

顔施

人に良い顔で接することが顔施です。


笑顔や柔らかい表情で見られるだけで、人をほっとさせたり
良い気持ちにさせることができます。


そうした行いは、とても良い行いなんです。

念施

人の幸せを心から願うことです。


幸せになってもらいたい、どうか幸せでいてほしいと願うこと。


何もできないけれど、念じることが、徳を積む行動となります。

困っている人がいたら助けること

目の前で困っている人がいたら、手助けをすることは徳を積むことに
繋がります。


そういえば、道で迷っている人を案内したことがありますが、
私自身も旅行先で、道に迷っていると、

よく案内してくれる親切な人がいます。

困った人を助けることは、良い行いですね。

ポジティブな言葉を使うように意識する

言葉には、言霊があります。

良い言葉を言うことで、自分への暗示になるものですね。

できる!と

口に出せばできるような気がしてきます。

言葉の力は絶大です。

悪い言葉を聞くと、自分の耳が一番に聞くことになるので

良くないんですね。

ありがとう、感謝しています、

今日もステキだ。

このような言葉を使うことで、ポジティブな気持ちになります。

物を大事にする

自分の元にあるすべての物は大事にしましょう。


物は、感情があるわけではありませんが、それを作った人の思いが込められています。
物を大事に扱うことで、自然と良いことが起きていると実感します。

徳を積む行動は、日頃の生活の中で、自然と行えるものばかりなんですね。

人に親切なことをする。

家族のための料理を作る。

食材を買いに行き、栄養バランスの良い食事を作ろうと考えていることが

徳を積むことに繋がっています。

良い気持ちで過ごすことも大事ですね。

ブスっとした顔は、正直そこにいるだけで雰囲気を悪くしてしまいます。

それから愚痴や不平不満を言うことも徳を積むことの反対になるので、

文句は口に出さないほうが良いのです。

特に、人がいるところで、愚痴を言う行為は、人から避けられてしまうので

良くないですね。

物や身の回りの人を大事にする。

このようなことを心がけて生活をしていくことが大事です。


スポンサーリンク




-生活の知恵

© 2022 サンシャイン