世代を超えて愛される曲,飲み会カラオケ盛り上がる曲




世代を超えて愛される曲とは、時代や世代を超えて、
多くの人々に愛され、歌い継がれる曲のことです。

まず、普遍的なテーマを扱っている曲が多いです。

また、キャッチーなメロディーや歌詞も、
世代を超えて愛されるための重要な要素です。

耳に残るメロディーや、心に響く歌詞は、
多くの人に長く愛され続けるでしょう。

さらに、時代の流行を取り入れながらも、
普遍的な魅力を備えている曲も、世代を超えて愛されやすいと言えます。

たとえば、流行のダンスやファッションを取り入れた曲は、
その時代の人々に流行しますが、普遍的な魅力があれば、
時代が変わっても愛され続けるでしょう。

昭和時代

さくら(井上陽水)
上を向いて歩こう(坂本九)
君といつまでも(尾崎紀世彦)
青い山脈(山本リンダ)

平成時代

世界に一つだけの花(SMAP)
紅(桑田佳祐)
ハナミズキ(一青窈)
桜坂(福山雅治)

令和時代

Lemon(米津玄師)
白日(King Gnu)
紅蓮華(LiSA)
踊ろよ(Da-iCE)

これらの曲は、いずれも普遍的なテーマを扱い、
キャッチーなメロディーや歌詞、時代の流行を取り入れた
普遍的な魅力を備えているため、世代を超えて愛され続けています。

もちろん、世代を超えて愛される曲は、これだけではありません。

個人的には、世界に一つだけの花が好きですが、
本当にいい歌ですね。

この曲は、他人と比べずに自分の良さを生かしていこう、
自分という花は、世界のどこにもない1つだけの価値がある存在。
その花を輝かせるために一生懸命になればいい。
というメッセージが伝わりますが、メロディもいいし、
それでいて、やはり最大の魅力はSMAPさんが歌うところかなと思います。

また、5人で集まってこの曲を歌っているところがいつの日か見たいです。




Translate »
テキストのコピーはできません。