両想いだったのに、もう遅い・・・




この言葉は、恋愛において最も悲しい言葉かもしれません。

お互いに好きだったのに、タイミングが合わなかったり、
何かのきっかけで気持ちが変わってしまったり、
さまざまな理由で結ばれることなく終わってしまう。

そんなときは、胸が張り裂けそうなほど辛いでしょう。

「もっと早く告白すればよかった」
「あの時、別れずにいれば」と、後悔の念に
駆られることもあるかもしれません。

しかし、後悔しても過去は変えられません。

今できることは、その気持ちを受け入れ、前を向いて歩き出すことだけです。

両想いだったことを思い出して、心が苦しくなったときは
一人で抱え込まず、誰かに話を聞いてもらうのも良いでしょう。

また、新しい恋をすることで、過去の恋を忘れるきっかけになるかもしれません。

いつか、あなたに幸せな恋が訪れますように。

今できることは、前を向いて歩き出すことだけです。

新しいことに挑戦したり、新しい出会いを求めたりして、新たな人生を切り開いていきましょう。




Translate »
テキストのコピーはできません。