散々貢いだのに振られた・・・?


貢いだのに振られた、辛い経験をされたのですね。

まず、自分を責めないでください。尽くすことは悪いことではありません。

愛情表現の一つとして、多くの人が自然にしていることです。

振られた理由は、貢ぐことと愛情は必ずしも一致しないからです。

相手が求めていたのは、お金や物質的なものではなく、
もっと別のものだったのかもしれません。

あなたは尽くすことで愛情を表現していたのに、
相手は別の方法で愛情表現を求めていた。

あなたと相手は、お金や愛情に対する価値観が大きく異なっていた。

最初はあなたに好意を持っていたが、
時間の経過とともに気持ちが変化した。

いずれにしても、相手を変えることはできません。
大切なのは、この経験から何を学び、次に活かすかです。

自分の気持ちに正直になる: 悲しみ、怒り、後悔など、様々な感情を否定せずに受け止めましょう。

自分を大切にする: 自分を責めずに、ゆっくりと心身を癒しましょう。

信頼できる人に話を聞いてもらうことで、
気持ちが楽になることがあります。

今回の経験を踏まえ、
自分が本当に求める恋愛とは何かを考えてみましょう。

辛い経験は、必ず次に活かすことができます。

いいなと思って気になっていた人に すでに彼女がいたことを知ったなら・・・ shockですね。 しかし、彼女がいたのは仕方ありません。 ...








Translate »
テキストのコピーはできません。