遺伝子レベルで相性が良い、好きとはどうゆうこと?


遺伝子レベルで好きとは、生物学的な本能に基づいて、
相手を魅力的に感じることです。

1. HLA遺伝子

HLA遺伝子は、免疫機能に関わる遺伝子です。

HLA遺伝子が異なる相手ほど、免疫力が強い子供を産むことができるため、

本能的に惹かれ合うという説があります。

実際に、HLA遺伝子が異なる男女の方が、
結婚や出産に至る確率が高いことが示されています。

2. 体臭

体臭は、HLA遺伝子などの情報を含んでいます。

そのため、人は本能的に、自分の遺伝子と
異なる体臭を持つ相手を好む傾向があります。

3. 顔立ち

顔立ちは、遺伝子の影響を受けます。

そのため、
遺伝的に遠い相手ほど、顔立ちが異なり
魅力的に感じるという説があります。

4. 性格

性格も、遺伝子の影響を受けます。
遺伝的に近い相手よりも、遺伝的に遠い相手の方が、

性格的に相性が良いという説があります。

これらの要素は、すべて無意識のうちに作用するため、
自分自身が遺伝子レベルで誰かに惹かれていることに
気づかないこともあります。

モテ香水をつけるとフェロモン効果?

フェロモン香水は、着用者に魅力や魅力を加えるように設計された香水の一種です。

多くの場合、アンブロキサン、アンドロスタノール、
エストラテトラエンなどの合成フェロモンを含んでいます。

これらの化学物質は、人間の嗅覚に検出できないほど微量であっても、
異性に対する魅力を高める可能性があります。

フェロモン香水は安全に使用できますが、いくつかの潜在的な副作用があります。

たとえば、一部の人では皮膚の刺激やアレルギー反応を引き起こす
可能性があります。

また、頭痛や吐き気などの気分の変化を引き起こす可能性もあります








Translate »
テキストのコピーはできません。