あんなにも好きだったのにどうでも良くなった、気持ちの変化、気持ち冷めるとき

好きだったのにどうでも良くなったという経験は、誰しも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

恋愛においては、気持ちの変化はつきものです。

好きな人がどうでも良くなる理由は、大きく分けて以下の3つが考えられます。

相手からの愛情を感じないから
相手からの愛情を感じられないと、自分だけが一方的に想い続けていると感じ、気持ちが冷めてしまうことがあります。

自分自身の成長や変化
自分の価値観や考え方が変わることで、相手に対する気持ちが変わることもあります。

他に好きな人ができたから
他の人に恋愛感情を抱くようになり、元の相手に対する気持ちが薄れてしまうことがあります。

私自身、ある人が大好きで仕方ない時期がありましたが、告白できず
相手は、外国へと旅立ち、会えなくなってしまった・・・
そのまま時間が経ってしまった時、
もう会うこともできなくなり、このまま好きでいても辛いだけ・・・
早く忘れてしまいたい。記憶から消して好きな気持ちを消したい。
別の誰かを想うようになれば、辛い気持ちをどうにかできないかな・・・・と感じたことがあります。

実らないであろう恋や、片思い、
もう会うこともできない関係の相手を思い続けるのは、ちょっと辛いです。

もし、あなたが「好きだったのにどうでも良くなった」と感じているなら、まずは自分の気持ちと向き合うことが大切です。なぜ気持ちが冷めてしまったのか、その原因を探ってみましょう。

原因がわかったら、その原因を解決するために何か行動を起こすこともできます。例えば、相手と話し合って気持ちを伝えたり、自分自身を見つめ直して成長したりすることで、気持ちを取り戻せるかもしれません。

しかし、どうしても気持ちが戻らない場合は、無理に付き合い続ける必要はありません。辛い思いをしながら付き合い続けるよりも、自分の気持ちに正直になって新しい恋を探した方がよいでしょう。

相手と話し合う
相手と話し合って、自分の気持ちを伝えてみましょう。相手があなたの気持ちに応えてくれるかもしれません。

自分自身を見つめ直す
自分の価値観や考え方が変わったのかもしれません。自分自身を見つめ直して、成長する努力をしましょう。

新しい恋を探す
新しい恋に出会って、気持ちを取り戻すこともあります。

好きな人がどうでも良くなったときは、辛い気持ちになるかもしれませんが、まずは自分の気持ちと向き合って、最善の選択をしましょう。

遠距離恋愛が続かない理由

会えない寂しさや不安
遠距離恋愛では、会えない期間が長くなります。そのため、寂しさや不安を感じてしまい、気持ちが冷めてしまうことがあります。

将来への不安
遠距離恋愛を続けるためには、将来的に一緒に住むなどの具体的な目標が必要です。しかし、目標が定まらない場合や、実現が難しい場合、不安を感じてしまい、別れを決意することもあります。

コミュニケーション不足
会えない分、電話やメール、SNSなどを使ってコミュニケーションを取りますが、顔を合わせる機会が少ないと、相手の気持ちや考えが伝わりにくくなり、すれ違いが生じやすくなります。

相手がなにを考えているのかわからない。自分自身のことも相手に理解してもらえていない、
こんな状態では、人との関係はうまくいきません。

人間関係が壊れてしまう理由は、主に、コミュニケーション不足が大きな理由なんですよね。
男女関係でも、友人関係でも、夫婦関係でも、話し合いをしなくなった時には、
もう終わりが近いです。






Translate »
テキストのコピーはできません。