学生時代好きだった人が忘れられないのはなぜ?





学生時代に好きだった人はなぜか忘れられないものですよね。

学生時代は、恋愛にかける情熱や、恋が人生の大きな出来事となる時期です。

そのため、学生時代に好きだった人は、大人になっても忘れられないという人が多いのです。

学生時代好きだった人が忘れられない理由

一緒に過ごした時間が特別だった
相手のことをよく知らなかったからこそ、理想の相手像を重ねてしまった
恋愛がうまくいかなかったことで、未練が残ってしまった

中学の3年間、高校の3年間、と3年という期間は、短いものですが、
濃密なんですよね。
短くもあり、長くもあり。
ほぼ毎日好きな人の姿を見ることができたのです。

会いたいなと思えば、すぐそこに。
クラスが同じなら、特に毎日見ることができますね。

ただ純粋に好きだと思う気持ちがそこにはあった。
誰にも知られていないけれど・・・

だから特別になりやすい。

しかし、うまくいかなかった、という気持ち
あの時好きと伝えないまま終わってしまった
悲しい気持ちとして残り続けている人もいるかもしれません。

学生時代好きだった人が忘れられない場合の対処法

学生時代好きだった人と過ごした思い出を、一度紙に書き出してみるのもおすすめです。
思い出を整理することで、その人への気持ちを整理することができます。
今ならあーするのに、こーするのに、と後悔は残りますね。

一度でいいから、あの時に戻れたらいいのにな・・・

あの時に戻れたらどうするんだろう・・・

あの時に違う選択をすれば、そしたら未来は変わったのかな・・

なぜ学生時代は好きだと思う気持ちを隠そうとしてしまったのか・・・

多感なあの時期に好きだった思いは、青春時代の思い出として
特別なものになりますね。




Translate »
テキストのコピーはできません。