自然消滅は最低な別れ方?はっきりさせることができない終わり方

自然消滅とは、別れ話をせずに、お互いに連絡を取っていなかったり、
会わなくなったりして、関係が終わってしまうことです。

自然消滅は、相手に嫌われたくない、傷つけたくないという思いから、
別れ話をせずにフェードアウトしてしまうというケースが多いようです。

しかし、相手からしてみれば、何の連絡もなく突然関係が終わってしまうため、
モヤモヤしたり、不安になったりすることもあるでしょう。

そうした関係では、もう二度と会うこともないし
共通の知人もいないし・・・と割り切っているのかもしれませんが、
偶然に道でばったり会った時には、お互いに気まずい思いをするのは
仕方ありません。

他人のふりされるか、なかったかのように通り過ぎていかれても、
何も文句は言えません。

終わり方が自然消滅なら、お互いに再会しても気まずいだけです。

人によっては恨まれることもあるかもしれません。

また、傷つきやすい人なら、そのことが原因で自殺しようと考える人もいます。

交際男性から振られたから自殺を考える人は、相手のことが余程好きだった、という思い
相手を失ったら生きがいがない・・・生きている意味さえわからない・・・
失恋して辛すぎるので、生きていけそうにない・・・
うつ病になり、自暴自棄・・・という危険な状況です。

別れたことが苦しみとなり、辛い思いから逃避したい。
相手が別の異性とお付き合いしているなんて知った日には、もう地獄そのもので、
生きていけそうにもない・・・と
苦しい状況から逃げたい気持ちになってしまい、自殺を考える人もいるのです。

自然消滅をはっきりさせるためには、相手と直接会って話をすることが大切です。

直接会って話をすることで、相手の気持ちを直接聞くことができますし、
自分自身の気持ちも伝えることができます。

自然消滅をする人が最低な理由

相手への配慮がない

自然消滅は、相手に直接別れを告げずに、連絡やメッセージが
途絶えることで別れを告げる行為です。
相手は突然別れを
告げられたことに戸惑いや悲しみ、怒り、理由についてもわからず、
圧倒的な苦しみを抱くことになります。

誠意がない

自然消滅は、別れを告げるという行為に誠意がないと言えます。
別れを告げることは、相手との関係を終わらせるという決断であり、
その決断には責任が伴います。
しかし、自然消滅をする男性は、その責任を果たさず、逃げ腰の姿勢を見せてしまいます。

逃げ腰の姿勢

自然消滅をする男性は、別れ話をする勇気がないという逃げ腰の姿勢を見せています。
別れ話をすることは、相手を傷つけてしまうこともあるため、
勇気がいることかもしれません。
しかし、別れ話をせずに自然消滅してしまうことは、
相手への誠意を欠く行為であり、逃げ腰の姿勢を露呈することになります。

自然消滅は、相手への配慮がなく、誠意がなく、
逃げ腰の姿勢を示す、最低な行為と言えるでしょう。






Translate »
テキストのコピーはできません。