彼氏の言葉遣いが気になる・・・仲良くなると口が悪くなる男性、口が悪い人にいい人はいない?


彼氏の言葉遣いが気になってしまう気持ち、とてもよく分かります。
言葉遣いはその人の人柄や価値観を表すものであり、
一緒に過ごす上で気になるポイントですよね。

タメ口、下品な言葉、命令口調など

男友達といるとそうなるのか、たまにすごく言葉遣いが悪いなと思う人もいますよね。

それを女性の前で話されても嫌だなと感じたり、

言葉遣いが悪い人と一緒にいると、自分まで悪くなりそうと感じて、
ちょっと嫌になることもありますね。

やはり類は友を呼ぶ、となり言葉遣いもまた人は似てくるものです。

言葉遣いが悪い人や彼氏と一緒にいると、正直頭が悪そうに思われてしまう。というのが難点です。
また、マナーとしても品がない、言葉遣いが悪いととにかく損しかありません。

若い時は、言葉遣いがものすごく悪い男性がたまにいますが、
カッコイイと思っているのかよくわかりませんが、
あまり女性からは良くは思われないこともありますね。

話していて不快になる人は、一緒には過ごしたくないと思われ、
いまいち好きになれない部分になってしまいます。

時々彼氏やおとこ友達に似たのか、女性なのにすごく言葉遣いが悪くなったなと感じる人もたまにいて、
直したほうがいいんじゃないかなと思う人もいますね。

「〇〇じゃなくね?」と言われたり、
そんな下品な言葉遣う人だったっけ?と思うような女性も稀にいます。
一緒にいる彼氏からうつってきたのかなと思いますね。

彼氏と話し合いの場を設ける際は、彼を責めるのではなく、「あなたの言葉遣いが気になる」という自分の気持ちを正直に伝えることが大切です。

言葉遣いは人によって感覚が異なるため、すぐに改善されるかどうかは分かりません。しかし、お互いに理解し合い、歩み寄ることで、より良い関係を築いていくことができるでしょう。

もし、彼氏と話し合っても改善が見られない場合は、関係を続けるべきかどうかを改めて考える必要もあるかもしれません。

「口が悪い人にいい人はいない」という考えは、確かに一理あります。

言葉遣いはその人の性格や価値観を反映するものであり、
口が悪い人は相手を傷つけたり不快な思いをさせたりする可能性が高いからです。

1. 言葉遣いはその人の性格や価値観を反映する

言葉遣いは、その人がどのような性格や価値観を持っているかを
表す重要な指標の一つです。

攻撃的: 自分の意見を主張するために、相手を攻撃したり否定したりするような言葉を使う。

無神経: 相手の気持ちに配慮せずに、思ったことをそのまま口に出してしまう。

自己中心的: 自分のことしか考えず、相手を尊重する気持ちが欠如している。

自信過剰: 自分が正しいと思い込み、他の人の意見を聞き入れようとしない。

これらの性格や価値観は、人間関係において様々な問題を引き起こす可能性があります
例えば、攻撃的な人は相手を傷つけたり怒らせたりして、
関係が悪化する可能性があります。

また、無神経な人は相手を不快な思いをさせて、信頼関係を築きにくくなります。

2. 口が悪い人は相手を傷つけたり不快な思いをさせたりする

相手を傷つけたり不快な思いをさせたりすることがあります。

悪口や罵倒: 相手の容姿や性格、能力などを否定するような言葉を使う。

脅迫や威嚇: 相手を怖がらせたり、従わせようとするような言葉を使う。

皮肉や嫌味: 相手を貶したり、傷つけようとするような言葉を使う。

相手を深く傷つけたり、トラウマになることもあります。

また、職場や学校などのコミュニティにおいて、
人間関係を悪化させたり、いじめにつながったりする可能性もあります。

見た目が良くても、口臭が気になると、 婚活の場では不利です。 職場でも、この人口臭が気になる。と思われがちですが マナーとしても最悪な印象...
沈黙を恐れる心理は、様々な要因が複雑に絡み合って生じます。 1. 自己肯定感の低さ 自分自身を肯定的に捉えられていない人は、沈黙が相...








Translate »
テキストのコピーはできません。