結婚前の同棲は良くない?デメリットしかない?





結婚前の同棲は、結婚生活をシミュレーションできるという
メリットがある一方で、いくつかのデメリットも存在します。

1. 結婚へのモチベーションが下がる

結婚生活の「新鮮さ」が薄れる
家事や生活習慣の分担で不満が溜まる
マンネリ化し、結婚への意欲が低下する

同棲開始前に結婚観をすり合わせ、共通認識を持つ
結婚に向けた具体的な目標を設定し、定期的に話し合う
マンネリを防ぐために、デートやイベントを取り入れる

2. 関係が悪化し、破局に繋がる

価値観や生活習慣の違いが浮き彫りになる
些細なことで喧嘩が増え、ストレスが溜まる
一方だけが結婚を意識し、気持ちがすれ違う

対策:
コミュニケーションを丁寧に行い、お互いの意見を尊重する
問題点を共有し、解決策を一緒に考える
関係が悪化していると感じたら、距離を置いて冷静になる

3. 金銭トラブルが発生する

お金の使い方や家賃の分担で意見が対立する
経済的な負担が重くなり、貯金ができない
将来設計に関する考え方に違いがある

対策:

同棲前に金銭感覚を共有し、家計簿をつける
お金に関するルールを明確に決め、話し合いの場を設ける
将来的な経済目標を共有し、計画的に貯蓄する

4. 周囲からの理解を得られない

家族や親戚から反対される
社会的な偏見や周囲の目線が気になる
将来的な不安やリスクを指摘される

対策:
周囲の意見を尊重し、理解を得られるよう説明する
結婚への意思を明確に伝え、安心感を与える
自分たちの考えをしっかりと持ち、周囲に流されない

5. 結婚後の生活にギャップを感じる

同棲生活と結婚生活では責任や義務が異なる
家事分担や子育てなど、新たな課題に直面する
同棲では見えていなかった問題が浮き彫りになる

対策:
結婚生活について具体的に話し合い、イメージを共有する
家事分担や育児計画など、具体的な役割を決める
同棲中に問題点があれば、解決に向けて取り組む

6. 依存関係に陥り、自立心が失われる

一人暮らしの経験が少ない
相手に頼りすぎて、自分で判断することが苦手になる
自立心や社会性が低下し、将来不安になる

対策:
一人になる時間を作るなど、自立心を意識する
自分の趣味や目標を持ち、積極的に行動する
経済的な自立を目指し、貯蓄やスキルアップに取り組む

7. 性的な問題が生じる

性的な欲求の差が原因で喧嘩になる
性的な満足度が得られず、ストレスが溜まる
性感染症や避妊に関するリスクが高まる

対策:
性的なコミュニケーションを丁寧に行う
性的な欲求や考え方を共有し、理解し合う
安全な性交渉を心掛け、性感染症や避妊対策を行う

8. 将来設計が曖昧になる

結婚の意思が曖昧で、同棲を続ける理由が不明確になる
将来の目標やビジョンが共有できていない
時間だけが過ぎて、結婚に踏み切れない

対策:
結婚に対する考えを定期的に話し合い、共通認識を持つ
将来的な目標やビジョンを具体的に描き、計画を立てる
結婚時期の目安を決めて、具体的な行動を起こす

9. 家庭環境の変化に適応できない

それぞれの家庭環境に違いがあり、適応するのが難しい
家族との付き合い方や価値観の違いで摩擦が生じる
新しい環境に慣れず、ストレスを感じる

うまくいっていれば問題はないですが、なにかあった時や
トラブルが起きた時には、逃げ場がない・・・というのは同棲のデメリットですね。

また、責任もないので、安易に同棲は始めないほうが良いです。




Translate »