本当に愛した人とは結ばれない?




「本当に愛した人とは結ばれない」という言葉は、
恋愛においてよく聞かれる言葉です。

愛は運命的なものであり、運命に逆らうことはできないと考えます。

そのため、本当に愛した人とは結ばれることはなく、
結ばれないからこそ、その愛は特別なものであると考えるわけです。

本当に相手を好きだと心臓の鼓動が早くなり、
その現象を、恐怖ととらえてしまう場合があります。

ドキドキする、だからこそ相手に近寄ることができない

親しく話すことができない

そんな風に惹かれ合うはずなのに、悲しい悲劇として
実らない恋愛もあります。

一方、否定的に捉える人は、愛は努力次第で叶うものだと考えます。

そのため、本当に愛した人とは結ばれないというのは、

努力が足りなかっただけであり、運命のせいにするのは甘えであると考えるわけです。

どちらの考えが正しいのかは、人それぞれです。

しかし、少なくとも言えることは、
本当に愛した人とは結ばれないというのは、
決して絶対的な真実ではないということです。

実際に、本当に愛した人と結ばれて幸せな結婚生活を送っている人はたくさんいます。

もちろん、その過程でさまざまな困難や苦労があったかもしれませんが、
それでも努力を重ねて、結ばれることを叶えたのです。

また、本当に愛した人とは結ばれないからこそ、
その愛は特別なものとして心に残り続けるのかもしれません。

初恋など、未熟な時期だからこそ、どうしていいのかわからず
上手に気持ちを伝えることもできず、終わることもあります。

それは、決して悪いことではありません。

むしろ、かけがえのない思い出として、大切に保ちたいものです。




Translate »
テキストのコピーはできません。