付き合って2年半、別れる確率、倦怠期が原因?喧嘩なしでも別れてしまう理由

好きで付き合ったはずだけど
別れる人も世の中多い。

付き合って2年半も経つと、別れる人も多いと言われます。

2年は結構長い。

その中で、結婚しようと決心するカップルもいれば、
そのままお別れしてしまう人も実はいる。

その原因は、マンネリ化していて倦怠期になっているから。。

喧嘩したわけでもないけれど、お互いに気を遣わなくなって、
嫌なところも見えてきてしまう。

付き合い始めの1年は新鮮な気持ちで付き合えます。

長く片思いをしていた相手とカップルになれたら、誰もが嬉しいものです。

しかし、2年以上も一緒にいると、遠出することもあまりなくなり家デートばかり。

行く外食は、ラーメン屋や安いレストランばかり。など新鮮さがなくなってきて

服装や身なりもあまり気を遣わなくなると、なんとなく相手に魅力を感じなくなってきてしまう
人も多いです。

倦怠期は、相手のことをよく知っているからこそ、
相手に対して飽きてきてしまう。

また、慣れているため、なにを言ってもいいや、とお互いに
気を遣わなくなるため、
嫌なことを平気で言われたり、雑に扱われていると感じて辛い・・・と思ってしまう。

そこで、新しい異性との出会いがあったり、刺激が欲しいと密やかに求めている人なら
浮気心が芽生えるのも仕方ないのかもしれません。

魔が差したと言われるように、交際2年半は魔の時期なんですね。

この時期を乗り越えて、この人しかいないと思えば、長続きしていくものですが、
別れを選ぶカップルもいます。






Translate »
テキストのコピーはできません。