最低な別れ方は避けたい、男の器は別れ際に本性が出る、思いやりのない一番ショックな別れ方、器の小さい男は逃げる?






愛憎とは表裏一体。

よく結婚する時は、気軽だけど、
離婚する時には、泥沼のように揉めるに揉めて、何年も別れていない夫婦もいたりします。

夫婦の場合は、金銭的なことや慰謝料のことでもめたりしますね。

不倫をされていたなら、それは離婚に時間がかかります。
あっさりありがとうとは、とても言えるような別れもないことは現実にあります。

別れ際にこそ、人の本性は出やすいと言われますが、まさにそう。

付き合っていた人と別れることになった時は、
どうしても人は感情的になりやすい。

片方はもう冷めきっていて、どうしても別れたいと願っているけれど、
もう片方は、離れたくなくて、気持ちを引き留めたいために
嫌なことをわざと言う人もいます。

また、自分が傷つけられた思いから、悔しくて、どうにか
憂さ晴らしをしたい、自分を傷つけた相手を傷つけてやりたいと
うまくいってる時なら言わないような言葉をぶつける人もいます。

喧嘩別れしたカップルはお互いに罵り合いなら、別れる人もいるのかもしれません。

しかし、別れた後、感情も冷静になり、
今までの思い出を振り返ると、
必ずうまくいっていたあの頃や、付き合いはじめの時の相手のことを思い出したりして、
どうしてあんなこと言ってしまったんだろう・・・

もっときれいに別れればよかった
あんなに傷つけるようなことを言わなければ良かった
そうしたら、もしかしたら別れることにはならなかったかもしれないのに・・・と後悔します。

別れたいと相手が言った時、
自分の悪いところを振り返らず、
すべて相手のせいにしたり、別れるなら責任を取れ、など
またうまくいっていた頃に撮った相手のプライベートな写真を知人や友人に見せびらかすなどの
最低行為はしないほうがいいですね。

もし、そうしたプライベートな写真を誰かに見せると脅したり、
ネットに公表すると言えば、相手はどう思うのかは・・・

最低な人と付き合っていたんだな・・・
見る目がなかった・・・
器の小さい男と付き合っていた自分がバカだったな・・という気持ちになりますね。

人には見られたくないようなプライベート写真は、いくら信用している相手でも
付き合っている相手であっても、写真は相手には渡してはいけません。

脅しにそれを利用するほうも正直どうかと思いますが、

撮らせるほうや、安易にだれかに見せたくないものを送るのも

良くはありません。

世の中良い人ばかりでもないので、

付き合っている時に優しい人でも、

別れに本性を出す人もいます。

こんなことをする人だったんだなと別れてからはじめて気づくこともあります。

世の中でも、実際に別れた後のストーカー事件も絶えないし、

別れた後にものすごく怒る人もいます。

なにか原因があって別れているのに、

振られたことに切れて、相手を許さないといつまでも怒っている人もいるし、

別れた相手に執着して、傷つけようと必死な人もたまにいます。

お付き合いしている関係でなくても、SNSで知り合った人に
送ってと言われても、送るものでもありません。

悪意のある人は、それを脅しのネタに使うからです。

1番ショックで思いやりのない別れ方は、そうした悪意に向く人ですね。

また、フェードアウトなど自然消滅を狙う別れ方も、わりとひどいです。
思いやりがなく、嫌なことからはすぐに逃げる、責任はとらない、器の小さい男性と思われます。




Translate »
テキストのコピーはできません。