デート代は男性が払うべきなのか?


デート代。

繰り広げられる論争です。

デート代を誰が払うべきか、という問題は、
時代とともに変化しており、正解は一つではありません。

男女平等の意識が高まる現代においては、様々な意見が存在します。

女性がまだ高校生、大学生と若い場合でアルバイトしているけれど、
その金額から頑張って服やメイク用品を買っている。
または、大学費用を支払っているなど、デート代どころではない人もたまにいます。

女性側が年齢がどのくらいなのか、

また給料やお小遣いはどのくらいあり、貯金がどれくらいあるのかについても
デート代の考え方は違いがあります。

女性は、髪の美容院や服にお金をかけているのだから、きれいにすることに
価値があるので、支払ってほしいと考える人もいますね。

誘われて初回のデートが割り勘の場合、
なんとなく愛情を感じない。

もしかして次はないと思われているのかなと愛情を測るポイントにもなりやすい
デート代金。

男性側から見ると、今日一日だけしか会わない女性なのか
それとも、生涯を考えて、パートナーにしたい女性なのか
という点でも、デート代の支払いについては考えが変わりますね。

将来的には結婚する、財布を一つにすると考えている女性が相手なら、
すべてを支払ってもいいと考える人もいます。

男性が払うべきという意見

男性が女性をリードし、経済的に支えるべきだという考え方。

男女平等社会になってきたとは言え、
やはり職業的に男性のほうが正社員率が高く、収入も男性のほうが多い場合もあります。

男性の方が女性よりも収入が高い傾向があり、
経済的な負担を負う余裕があるという考え方。

デートに誘うのは男性であることが多いため、
その対価として支払うべきだという考え方。

割り勘にするべきという意見

男女平等という観点から、経済的な負担は平等にすべき。

女性も経済的に自立している人が増えているため、男性に頼る必要がない。

割り勘にすることで、お互いに気兼ねなくデートを楽しむことができる

例えば、高級レストランに行く場合は男性が全額払う、

カフェに行く場合は割り勘にするなど。

デート代を誰が払うべきか、という問題は、
個人の価値観や状況によって異なるため、
一概に答えを出すことはできません。

大切なのは、お互いに納得できる方法を見つけることです。

デート前に支払い方法について話し合い、
気持ちよくデートを楽しむようにしましょう。








Translate »
テキストのコピーはできません。