同棲解消後の家具家電の取り扱い、法律、円満解決したい

同棲解消後の家具家電の取り扱いについて、法律上の明確なルールはありません。

そのため、トラブルに発展しやすい問題です。

1. 所有権と共有財産

まず、家具家電の所有権を確認しましょう。

誰が購入したか

購入時の支払い方法

共同名義かどうか

所有権を判断します。

共有財産の場合

購入金額の割合

誰が主に使用していたか

現在の価値

などを考慮し、話し合いで分割方法を決めます。

2. 円満解決のためのポイント

早めに話し合いを始める

感情的にならず、冷静に話し合う

双方が納得できる妥協点を見つける

書面で合意内容を記録する

相手の持ち物を勝手に処分しない

高価な家具家電の場合は、査定に出して売却する

分割できないものは、じゃんけんなどで決める

4. 法律相談

不安な場合は、弁護士に相談することをおすすめします。

家具家電の購入時に、誰が購入したか分かるようにレシートや領収書を保管しておくと良いでしょう。
同棲解消前に、家具家電のリストを作成しておくと、話し合いがスムーズに進みます。






Translate »
テキストのコピーはできません。