どうでもいい人からモテるけど本命には好かれない・・・

好きな人からはモテず、好きでもない人からは
好かれたり誘われたりする・・・

どうしてなんだろう?
と思ったこともありますよね。

好きな人がいる場合、その人の前では緊張したり、好かれようと意識したりしてしまい、
自然体で接することが難しくなります。

一方、どうでもいい人に対しては、そのような気負いがなく、
自分らしく振る舞うことができます。

絶対に恋愛関係になることはまずないだろうとそもそも意識していないから、
緊張もしないんですよね。

そのため、相手もリラックスして接することができ、好意を持たれやすくなります。

気負わず、自然体で接することができれば、自分の良いところを自然に見せることができます。

例えば、相手の話に興味を持って聞く、笑顔で接する、相手の話をよく
理解しようとするといった態度が、相手に好印象を与える可能性があります。

男性は、追う恋を好む傾向があります。そのため、どうでもいい人に対して、自分から積極的にアプローチすることで、男性の追いかける気持ちを刺激することができます。

本来なら、あなたが好きな本命の人の前で、
そうした自然体で笑ったり、大笑いしたり、
友達と話すようにボディタッチをしたり、楽しそうにふるまうことができれば、
本命の人もきっと振り向いてくれるはず。

でも、緊張してドキドキして、目をそらしたり、距離を置いたり
避けたりしていると、相手から見ると、自分とは合わないのかな・・・って
シュンとなってしまい、別の異性を見つけに行ってしまいます。

悲しいけれど、本当に惹かれあう人が結ばれないのは、
ドキドキして心臓の鼓動が早くなり、
その現象を怖い、と感じてしまうからなのです。

心臓の鼓動の速さが生命のリスクを感じてしまう。
それが本当に相手のことが好きで、異性としてドキドキするからです。

そうした相手とは緊張せずに話せたらいいのですが、
何事も慣れなので、2人で会う機会を作り、何度も話すようにしていれば、
だんだんと慣れてきて、相手と話しやすくなれる関係を作れるかもしれません。

自分に自信を持って、好きな人にアプローチすることで、きっと好かれることができるはずです。






Translate »
テキストのコピーはできません。