思い出が走馬灯のように駆け巡るとはどんな意味?





走馬灯のように思い出すという言葉は、
過去の出来事や記憶が次々と頭に浮かぶ様子を表現する言葉です。

走馬灯は、内外二重の枠を持ち、影絵が回転しながら写るように細工された灯籠の一種です。

影絵が回転することによって、あたかもさまざまな絵が次々と現れるように見えることから、
この言葉は「思い出が次々と浮かぶ」という意味で使われるようになりました。

老年になって、過去の思い出が走馬灯のように蘇ってくる。

危険に遭遇したとき、走馬灯のように人生の思い出が駆け巡る。

好きな人のことを考えていると、走馬灯のようにその人の姿が思い出される。

などです。

走馬灯のように思い出すという表現は、
過去の出来事や記憶が、私たちの心の中に深く刻まれていることを表しています。




Translate »
テキストのコピーはできません。