成人式行かないけど写真だけは撮りたい、引っ越した場合行かない割合が多い?成人式出ない割合、行かないのは陰キャ説?


成人式、と言えば、大人になった一大イベント。

このイベントは、一生に一度とも言われ、絶対に出る人にとっては、
外せない一大イベントでもある。

結婚式同様、自分の晴れ舞台のように感じている人も多い。

しかし、この成人式に行かない人も
3割は全体の中でいるわけなので、行かない人も割と多いイベントでもある。

大人になってからの参加は、行くとしても行かないとしても
個人の判断によりけり。
行きたければ参加すればいいし、
そうでもなければ不参加でもOK。

出ないからといって、陰キャラと決めつけるのは良くない。
陽キャでも優等生でも、参加していない人はしていません。

行かない理由としてよく挙げられるのは、引っ越したので、
会いたい知り合いがいない。
成人式は、中学の同級生に再会できるイベントでもあるので、
その後の同窓会を楽しみに参加している人もいる。
しかし、遠くに引っ越した場合、中学の同級生に会うということもなく
一緒にいく友人がいなければ、参加しても面白くはない。

そもそも成人式にあまり意味を感じない。興味がない、といった人もいる。

浪人中で、入試の時期と被るので、行けないという人もいる。

また、働いている人もサービス業なら、祝日も仕事なので、行けない人もいる。

そして、行かない理由として多いものは、振袖が高いということ。
男性なら、スーツ代5万ほどですむものですが、女性の場合着物代が30万円ほどになることも。

美容院のヘアメイク代金も合わせればそれなりの金額になる。

一生に一度のイベントなので、両親に奮発してもらい、払ってもらう人もいるけれど、
この料金が高すぎて、支払いがもったいないと思う場合は、行かない選択になる人もいる。

ただし、行かないとしても、どうしても写真だけは残しておきたいと思う場合は、
成人式の写真だけは撮る方法もあります。

新型コロナウイルスの影響もあり、このご時世、成人式には行かないという人も
わりと多く、珍しくはないものになってきています。








Translate »
テキストのコピーはできません。