好きじゃない人と付き合ってしまった・・・罪悪感




好きじゃない人と付き合ってしまうと、
さまざまな理由で罪悪感を感じてしまうことがあります。

相手は、自分を好きでいてくれて、
付き合うことを望んでくれています。

しかし、自分は相手を好きではないため、
その気持ちに応えることができず、申し訳ない気持ちになってしまいます。

付き合っているということは、
お互いに好意を抱いているという前提があります。

しかし、自分は好きではないのに付き合っているということは、
相手を騙しているような気持ちになってしまうことがあります。

このような罪悪感を感じると、恋愛を楽しむことが難しくなってしまいます。

正直スキンシップなどもしたくないです。
しんどくてたまらない・・・不快な気持ちになるはず。

また、相手に対しても冷たい態度を取ってしまったり、
別れを切り出すのが怖くなったりして、関係が悪化してしまう可能性もあります。

もし、好きじゃない人と付き合ってしまった場合は、
まずは自分の気持ちと向き合い、なぜ好きじゃない人と付き合って
しまったのかを整理することが大切です。

やはり好きになれないと感じた場合は、
別れを切り出すことも選択肢の一つです。

別れを切り出す際には、相手の気持ちに配慮し、
丁寧に話をすることが大切です。

最初から好きじゃないのに、なぜ付き合うことにしたの?と
聞かれるかもしれません。

確かになぜ付き合うことにしたのかは、人それぞれ理由があるはずです。

失恋したばかりで辛い時だったから・・・

いい人かと思ったから

寂しさを埋めたい気持ちがあったから

告白されて嬉しかったから

勢いでなんとなく

いろいろあると思いますが、付き合ってみて、好きになれるかもしれない
そんな期待もあったかもしれません。

ただ、やっぱり好きにはなれない・・・

罪悪感がある。

それなら、お互いのためにも別れたほうがいいです。

何故付き合ったのか聞かれても、やっぱりそこまで好きにはなれなかった

と一言言うだけで、相手は納得するしかないです。

好きになれないものは、理屈ではない感情なので仕方ありません。

人としては好きだ、でも異性としては違う。と言えば相手も受け入れるしかありません。




Translate »
テキストのコピーはできません。