本ページにはプロポーションが含まれています

断捨離、服を売るか捨てるか?買ったけど着ない服もったいない、一度も着ていない服もある?洋服が捨てられない人の潜在意識

シェアする





見た瞬間はこれ欲しいなと思い
買った服。
デザインや色がステキだった。
欲しいと思って思い切って買ったけれど、一度も着ていない。
おしゃれすぎて汚したくないため、なかなか着ていく機会がない・・
など服ってクローゼットにはたくさんあるけど着てない・・・というものも多いですよね。

洋服が捨てられない人の潜在意識には、このような心理があります。

「物への執着」
洋服を捨てられない人の多くは、物への執着心が強い傾向にあります。高価な服や、思い出のある服、あるいはまだ着られる服など、捨てることに抵抗を感じるのです。

「自分の価値を服で表現する」
服は、自分の価値やアイデンティティを表現する手段のひとつです。そのため、服を捨てることには、自分の価値を否定されることや、自分らしさを失うことを意味するような不安や恐れを感じてしまうのです。

「変化への恐れ」
服を捨てることは、今の自分を否定する行為にもなり得ます。そのため、変化への恐れや、現状維持を望む気持ちから、捨てることができなくなってしまうのです。

「完璧主義」
「完璧でなければダメ」という完璧主義的な考えを持つ人も、洋服を捨てられない傾向にあります。捨てるべき服なのか、それともまだ残しておくべきなのか、判断がつかず、そのままになってしまうのです。

洋服を捨てられない人は、まず自分の潜在意識を見つめ直し、なぜ捨てられないのかを理解することが大切です。

「要・適・快」で判断する
断捨離の考え方である「要・適・快」を参考に、洋服を判断してみるのもひとつの方法です。

「要」:今、本当に必要かどうか
「適」:今の自分の生活やスタイルに合っているか
「快」:心地よく着られるか

この3つの基準で判断することで、本当に捨てるべき服かどうかが見えてくるでしょう。

「誰かに相談する」
客観的な視点からアドバイスをもらうことで、自分の潜在意識に気づくきっかけになるかもしれません。家族や友人、あるいは断捨離のプロに相談してみるのも良いでしょう。

「目標を決める」
「〇〇までに、洋服を〇〇着捨てる」など、具体的な目標を決めることで、モチベーションを維持しやすくなります。

洋服を捨てることは、簡単なことではありません。しかし、潜在意識を理解し、適切な方法で取り組むことで、少しずつでも片付けを進めることができるでしょう。

服の断捨離は、運気アップにつながるといわれています。

不要なものを手放すことで、心身が軽くなり、新しいものを引き寄せやすくなる
不要なものを抱え込むと、心身に負担がかかり、新しいものを引き寄せにくくなります。断捨離によって不要なものを手放すことで、心身が軽くなり、新しいものを引き寄せやすい状態になると考えられます。

ダメージのある服を捨てることで、悪い気を手放せる
汗や湿気などにより、服には「水の気」が宿るといわれています。一方で、ゴミ袋には「火の気」が宿るといわれています。この2つの気は相反するため、ダメージのある服をそのままゴミ袋に捨てると、悪い気が家の中に充満してしまうと考えられます。そのため、ダメージのある服は、紙に包んでからゴミ袋に捨てるようにしましょう。

目的を明確にする
断捨離をする目的を明確にすることで、モチベーションを維持しやすくなります。例えば、「新しい服を買うためにスペースを空ける」や「心身を軽くして、新しいことに挑戦する」など、自分にとっての目的を決めておきましょう。

全部出してから始める
断捨離をするときは、まずは全部の服を出して、見直しをしましょう。収納場所から出してみると、自分が着ていない服や、ダメージのある服など、意外なものが出てくるかもしれません。

使用頻度や愛着などで分ける
服を分類するときは、使用頻度や愛着などで分けるのがおすすめです。使用頻度の高い服は、これからも着る可能性が高いため、残しておきましょう。また、愛着のある服も、捨てるのが難しいため、残しておきたいものがあれば、取っておきましょう。

迷ったら捨てる
「もしかしたら着るかも」と迷っている服は、思い切って捨ててしまいましょう。捨てることに抵抗がある場合は、紙袋などに入れて、しばらく保留しておくとよいでしょう。1週間ほど経って、着ていない場合は、捨ててしまってもよいでしょう。

服の断捨離は、時間と労力がかかりますが、運気アップや心身の軽さなど、さまざまなメリットがあります。ぜひ、チャレンジしてみてください。

服の断捨離をする際は、捨てるか売るかの判断が難しいものです。

服の状態
服の状態が良好で、まだ着られるものであれば、売るのがおすすめです。売ることで、臨時収入を得ることができ、断捨離の費用に充てたり、新しい服を買ったりすることができます。

自分の気持ち
服に愛着がある場合は、捨てるのが難しいものです。そのような場合は、売らずに捨てましょう。捨てることで、服への感謝の気持ちを表すことができます。

状態の良さ
汚れやほつれなどがなく、状態が良好なものであれば、高値で売れる可能性があります。

フリマアプリやオークションに出品する
フリマアプリやオークションに出品することで、自分の希望する価格で売れる可能性があります。

寄付する
寄付することで、社会貢献につながります。

服の断捨離は、服の状態や自分の気持ち、売却方法などを考慮して、最適な方法を選びましょう。




シェアする

Translate »