嫌なことが頭の中でフラッシュバックする・・・嫌なことが頭から離れなくて寝れない・・・




嫌なことが頭から離れず、寝れないと、とても辛い状況ですね。

嫌なことが頭から離れずに眠れない原因は

脳が興奮状態になっていることです。

嫌なことを考えると、脳はストレスを感じ、興奮状態になります。

興奮状態の脳は、睡眠ホルモンの分泌が抑えられ、眠りにつきにくくなります。

また、不安や恐怖などの感情が強くなっていることです。

嫌なことが起こると、不安や恐怖などの感情が強くなってしまいます。

これらの感情は、脳を覚醒させ、眠りにつきにくくします。

深呼吸やヨガなどのリラックス法を実践することで、脳の興奮状態を抑え、リラックス効果を得ることができます。

嫌なことは、書き出すことで客観的に捉えやすくなります。また、書き出すことで、頭の中にある嫌なことが整理され、脳の負担を減らすことができます。

カフェインやアルコールは、覚醒作用があるため、眠りにつきにくくなります。

スマホやパソコンの画面から発せられるブルーライトは、睡眠ホルモンの分泌を抑制します。

激しい運動は、脳を興奮させ、眠りにつきにくくなります。

少しでも早く、嫌なことが頭から離れ、ぐっすり眠れるといいですね。

嫌なことがフラッシュバックする原因

トラウマ体験によるものです。トラウマ体験とは、強い精神的ショックを受けた経験のことです。

トラウマ体験をすると、脳がその経験を記憶として保存しますが、その記憶がフラッシュバックとして現れることがあります。

深呼吸をして、気持ちを落ち着かせる

嫌なことを思い出さないように、意識を別のことに集中させる

部屋の明かりを暗くして、リラックスできる環境を作る

深呼吸をすることで、脳の血流が良くなり、リラックス効果を得ることができます。

両手をお腹の上に置く。
ゆっくりと鼻から息を吸う。
お腹が膨らむのを感じる。
ゆっくりと口から息を吐く。
お腹が凹むのを感じる。

また、フラッシュバックが起こる要因を避けることも大切です。

例えば、トラウマ体験を思い出させるような場所や人、物事などを避けるようにしましょう。

フラッシュバックは、時間の経過とともに徐々に改善していきます。




Translate »
テキストのコピーはできません。