卒業アルバムは保管するもの?こんまりさん流片付け術では?いつ捨てる?処分方法

卒業アルバムって保管しておくもの?

もうだいぶ前の卒業アルバムや文集は時がたっても
見返すこともなく・・・
どうしたらいいものか?

いまだ押し入れの奥のほうに入れてあり、
ただもう見ることはないと思う・・・

しかし、それなりに大きいサイズなので、どう捨てるのかもわからず
困ってる・・・

という人もいますよね。

文集などを見ても、なぜこんな恥ずかしいこと書いたんだろう・・・的なことで
見返すとめちゃくちゃ恥ずかしい気持ちに・・・
今更ながら中学の文集、書き直したい!!
恥ずかしいから誰も見ないでほしい。
そして、みんな、あの文集捨てていてほしいな・・・と思うくらい
稚拙な文章を書いたものかもしれないな・・・

引っ越しのタイミングなどで処分する人もいますが、

もう顔を見ることもないであろうみんなの顔が載った写真。
思い出も詰まってますね。

卒業アルバムを捨てる時期は、人によってさまざまです。

社会人になってから捨てる人
結婚や出産を機に捨てる人
引っ越しや片付けの際に捨てる人
終活の際に捨てる人

など、さまざまな理由で捨てる時期が異なります。

一般的には、学生時代の思い出を整理するために、学校を卒業してすぐに捨てる人が多いようです。
それなりに高い金額で買った卒業アルバムをすぐに捨てるのは
もったいない気もします。

終わってからすぐの場合は、まだ学生時代の余韻というものがあるので、
すぐに捨てる。。。というのは
なんだかもったいない気がしますね。

置いてあればいつでも見れますが、捨てればもう二度と見ることもできない・・

また、社会人になってから、学生時代の自分と決別するために捨てる人もいます。

また、結婚や出産を機に、新たな生活をスタートさせるために捨てる人もいます。

引っ越しや片付けの際に、不要になったものをまとめて捨てる際に、卒業アルバムも一緒に捨てる人もいます。

終活の際に、不要になったものを整理する際に、卒業アルバムも一緒に捨てる人もいます。

捨てるタイミングは人それぞれ違いますが、
もう見返すこともないかな・・・と思う時がベストですね。
また、終活でさすがにあの世には持っていけないものなので、家族や残された人に
迷惑をかけたくない場合は、終活のタイミングで処分も良いのかもしれません。

卒業アルバムを捨てるかどうかは、個人の判断です。思い出を残しておきたい場合は、捨てずに保管しておくのもよいでしょう。

個人情報に注意する
卒業アルバムには、自分の名前や住所などの個人情報が記載されている場合があります。捨てる際には、個人情報が漏洩しないよう、注意が必要です。

適切な処分方法で処分する
卒業アルバムは、可燃ごみとして捨てることができます。ただし、金属製の表紙や、写真など、可燃ごみとして捨てられないものがある場合は、適切な処分方法で処分しましょう。

卒業アルバムを捨てるかどうかは、個人の判断です。思い出を残しておきたい場合は、捨てずに保管しておくのもよいでしょう。卒業アルバムを捨てる際には、個人情報に注意し、適切な処分方法で処分しましょう。

こんまりさん流の片づけ術では、卒業アルバムは「思い出」のひとつ

こんまりさんは、片づけとは「過去に片をつける」ことであり、思い出を残すことも片づけにおいて重要なことだと述べています。

卒業アルバムは、学生時代の思い出を詰め込んだ大切なものです。

卒業アルバムを見たときに、嬉しさや懐かしさなど、ポジティブな気持ちになる場合は、捨てずに残しておいてもよいでしょう。

卒業アルバムを残しておくことで、将来の自分を振り返ったり、自分の成長を感じられたりする場合は、捨てずに残しておいてもよいでしょう。

また、卒業アルバムを捨てるのではなく、アルバムに収められた思い出を残す方法もあります。

例えば、アルバムから思い出の写真を切り抜いて、フォトアルバムやフォトフレームに収めておくのもよいでしょう。また、アルバムに収められた思い出を文章にして、手帳やブログに残しておくのもよいでしょう。

卒業アルバムの処分方法

卒業アルバムは、可燃ごみとして捨てることができます。ただし、金属製の表紙や、写真など、可燃ごみとして捨てられないものがある場合は、適切な処分方法で処分しましょう。

可燃ごみとして捨てられないものを含めて、まとめて処分したい場合は、ゴミ処理場に持ち込むのもよいでしょう。

卒業アルバムは、学生時代の思い出だけでなく、個人情報も詰まっています。お焚き上げすることで、個人情報の漏洩を防ぐことができます。

お焚き上げ代行業者に依頼する
お焚き上げを依頼したい場合は、お焚き上げ代行業者に依頼することもできます。

溶解処理サービスに依頼する
完全に消去したい場合は、溶解処理サービスに依頼することもできます。

不用品回収・遺品整理業者に依頼すれば、すべてまとめて処分してもらえます。






Translate »
テキストのコピーはできません。