すごいと思われたい、自分をよく見せようとする癖をやめたい


自分をよく見せようと頑張りすぎると、確かに疲れてしまいますよね。

ありのままの自分を受け入れ、無理をしていない状態こそが一番楽で、
自然体でいられるものです。

自分をよく見せようとして疲れてしまう理由

常に「完璧」を目指してしまう

完璧主義は、自分を追い詰めてしまう原因になります。

常に完璧な自分を見せようとすると、
必要以上に努力しなければならなくなり、

精神的にも肉体的にも負担がかかってしまいます。

他人からの評価を気にしすぎる

他人からの評価を気にしすぎると、自分らしさを失ってしまう可能性があります。

自分が本当にしたいことよりも、他人からどう見られるかを考えて
行動してしまうと、生きづらくなってしまいます。

特に、好きな人から見られていたりすると、いつも以上の自分をふるまってしまったりして
疲れたり・・本当の自分じゃなく生きていると、しんどいですね。

自分のコンプレックスを隠そうとする

自分のコンプレックスを隠そうとするのも、エネルギーを使うことです。

コンプレックスを隠すために、無理をして自分を偽ってしまうと、ストレスが溜まってしまいます。

自分をよく見せようとするのをやめてみる

自分をよく見せようとするのをやめてみると、気持ちが楽になることがあります。

人からすごいと思われたい、なにか褒めてもらいたい、という願望って
誰が実は持っていたりしますよね。

でも、自然体でもない、頑張ることで自分が疲れてしまっては本末転倒・・

ありのままの自分を受け入れる

自分の良いところも悪いところも含めて、ありのままの自分を受け入れましょう。

コンプレックスも個性の一つと考え、自分らしさを大切にしましょう。

他人からの評価を気にしない

他人からの評価は、気にしすぎても仕方ありません。自分が納得できる生き方をしましょう。

自分を偽らない

自分を偽らず、正直に生きましょう。無理をして自分を偽ると、周りの人にもバレてしまいます。

自分を大切にする

自分を大切にすることが、一番の美しさです。自分の心と体に耳を傾け、
無理のない範囲で行動しましょう。








Translate »
テキストのコピーはできません。