両思いを確信する時とはどんな時?


両思いを確信する瞬間は人それぞれですが、
いくつかの共通点があります。

1. 視線が合う

好きな人と目が合うのは、好意の表れである可能性が高いです。
あなたも相手のことを意識しているため、自然と目が合うようになるのです。

2. 連絡が頻繁になる

好きな人と話したい、連絡したいという気持ちは自然なものです。
そのため、両思いの場合は、自然と連絡頻度が高くなります。

今度〇〇行かない?というお誘いが来たりする。

3. 2人きりの時間が増える

2人きりになりたいという気持ちも、好意の表れです。
そのため、両思いの場合は、2人きりの時間が増えたり、誘いやすくなったりします。

4. 特別扱いされる

好きな人には、自然と優しく接したり、特別扱いしたりしてしまいます。
そのため、両思いの場合は、相手から特別扱いされていると感じることがあります。

5. 雰囲気でわかる

言葉でなくても、雰囲気で両思いだとわかることがあります。
一緒にいて居心地が良い、心が落ち着くなどの感覚です。
見ている目が優しい、雰囲気が穏やか。
笑顔で見てくる。
嬉しそうに見てくる。

6. 態度や行動が変わる

好きな人に対しては、態度や行動が変わってしまうことがあります。
例えば、声のトーンが高くなったり、笑顔が多くなったりします。

7. 共通点が多い

趣味や価値観など、共通点が多いと、相手との距離が縮まりやすくなります。
共通点が多いと感じたら、両思いの可能性があります。

8. 冗談が言い合える

好きな人とは、冗談を言い合ったり、ふざけ合ったりすることが多くなります。
冗談が言い合える関係は、両思いの可能性が高いです。

9. 周囲から指摘される

周囲から「2人、いい感じだね」などと言われることがあります。
周囲から指摘されるほど、両思いの可能性が高いです。

10. 告白される

最も確実な方法は、告白されることです。告白されたら、確実に両思いです。








Translate »
テキストのコピーはできません。