デート代どうしてる?デートの負担割合、男性が全額払うのが当たり前のカップルもいる?全部出してくれる彼氏、遊びに行くと奢ってくれるけど申し訳ない気持ちに・・・





交際中のカップルは、デート代の負担の割合はどれぐらいが良いのか

男女共にデート代については、考え方に個人差があるため、

どれぐらいの割合が良いのかは多少は違ってきます。

男性が年上だったり、大企業に勤務をしていて経済力がある場合は、

全額負担をしたいと考える人は少なくありません。

経済的に余裕がある男性の場合、全額払ってくれる場合もあるようですね。

世論調査では、現代は女性も割り勘で払いたいと感じる人も

結構多いです。

やはり結婚前なので、対等な関係でいたい。

まだ結婚するのか付き合いが続くのかわからない段階で、

男性ばかりにお金を支払ってもらうのは悪い、と思うからですね。

社会人で働いている女性なら、デート代を支払うことは可能ではあります。

女性は毎回奢ってもらうのは申し訳ない、対等でいたいと感じる人が多いため、デート代を割り勘にしたい、男性のほうが多めに支払うけれど、自分も多少は負担したい人が増えています。

デート代の負担額はカップルによっても考え方が違うため、

二人で話し合って決めると良いでしょう。

男女間の経済的な格差は減ってきてはいますが、男性はプライドが高いため、

少し多めにデート代を出したいと考える人が多い傾向があります。





毎回奢ってくれる彼氏の心理

まだ交際をしていない、交際中の恋人でもデート代をすべて払ってくれる男性が少なくありません。

太っ腹で、すごいなと思います。

まだ付き合っていなかったり、毎回のデートで支払いをしてくれると

申し訳ない気分になる女性が多いのではないでしょうか。

デート代をすべて払ってくれる男性の心理には、好意を持っていたり、本気でお付き合いをしているからです。

男性は好意を持っていない人には奢ることはないので、

必ずお礼の言葉を掛けるようにしましょう。

男性はプライドが高い人が多いため、経済的に余裕がない、節約をしている時でもかっこつけたい、

女性に余裕がある所を見せたいなどの心理もあります。

全て支払う男性は、将来的にも結婚を本気で考えている、
この人しかいない、結婚するのだから、今からすべて彼女の分まで支払おうと考えているような
人もいたりしますよね。
その場合、女性側も真剣に結婚のことは考える必要があります。

男性は優位に立ちたい、仕事ができる、経済力がある所を見せたいなどの心理で奢ることが多いです。




Translate »