昔の同級生に偶然会っても知らないふりをする人無視する人がいる?その心理とは


1. 過去の嫌な思い出を思い出したくない

学生時代は、いじめや嫌がらせなど、誰しも辛い経験をしたことがあるものです。
昔の同級生を見ると、その辛い思い出が蘇り、精神的に辛くなることがあります。
そのような場合、知らないふりをすることで、その苦痛から逃れようとする心理が働きます。

2. 単に話したくない

昔の同級生とは、特に仲が良かったわけでもなく、
話したいこともないという場合もあります。
そのような場合、わざわざ声をかけたり、
会話したりするのは面倒と感じる人もいるでしょう。
今までも会うこともなく、たぶんこれからも会うことはないだろうと思う場合ですね。

偶然たまたまばったり会ったなどで再会しただけで、会うつもりもなかった。
できれば会いたくもない嫌な思い出がある人の場合は、
知らないふりをするかもしれません。

3. 自分が誰かわからない

昔の同級生とは、長い間会っていないため、
誰が誰だか分からなくなってしまうことがあります。
そのような場合、知らないふりをするのは、
自分が誰かわからないという恥ずかしさを隠すためでもあります。
だいぶ長く会っていないと、人は案外記憶を忘れてしまうものですね。
ずっと疎遠状態になっている人と会っても、懐かしさはあっても
親しみがない場合、あまり話しかけたいとは思わないかもしれません。

もし、話しかけてみて、相手もびっくりしたり
自分のことを覚えてなさそうだったら、なんとなく傷つきますね。

長く会ってない顔を見ることもない人は、心の距離感をだいぶ感じますね。

4. 相手が自分を覚えていないと思っている

相手が自分を覚えていないと思っている場合、
あえて知らないふりをすることで、
気まずい思いをせずに済むという心理が働きます。
声をかけたのに、知らないような顔をされたら
かなり気まずいですね。

このように、昔の同級生に知らないふりをする理由は様々です。中には、何かやましい事情がある場合もありますが、単に気まずい思いをせずに済ませたいという気持ちからする場合もあります。

同窓会に人気者だった人が来ない理由 同窓会、ぜったいに行きたいと思う人もいれば、 一度も行かない人もいますよね。 年齢を重ねるほどに、来...

同窓会には興味がない理由、話題がないから? 








Translate »
テキストのコピーはできません。