大谷翔平選手もよく食べているブロッコリーの栄養がすごい?効果効能


大谷翔平選手は、日頃からブロッコリーを常食していることで知られています。

2016年、U-23ワールドカップの代表合宿で、大谷選手は朝食に必ずブロッコリーを食べていたことが、管理栄養士の大前恵さんによって明かされています。

2023年7月、WBCの試合前にも、サラダとは別にブロッコリーを食べていたという目撃情報があります。

大谷選手は、栄養バランスの良い食事を心がけており、その一環として、ビタミンCや食物繊維が豊富なブロッコリーを積極的に摂取していると考えられます。

ブロッコリーの栄養

ブロッコリーは、ビタミンC、食物繊維、カリウム、
カルシウム、鉄など、多くの栄養素を含む緑黄色野菜です。

ビタミンCは、免疫力を高め、疲労回復を促進する効果があります。
食物繊維は、便秘を解消し、腸内環境を整える効果があります。

カリウムは、体内の余分なナトリウムを排出し、血圧を下げる効果があります。
カルシウムは、骨や歯を丈夫にする効果があります。

鉄は、貧血予防に効果があります。

大谷選手の体格維持とパフォーマンス向上

大谷選手は、身長193cm、体重95kgと恵まれた体格をしており、
その体格維持には、栄養バランスの良い食事が欠かせません。

ブロッコリーは、タンパク質の吸収を促進する効果もあるため、
大谷選手のようなアスリートにとって、筋力アップや疲労回復に効果的な食材と言えます。

ブロッコリーは茹でて、柔らかくした後、マヨネーズをかけて食べるだけでも美味しいです。

パスタ料理に入れたり、グラタンの具としても相性が良いですね。

大谷翔平選手は、ブロッコリーを常食することで、
栄養バランスの良い食事を心がけ、体格維持とパフォーマンス向上に役立てていると考えられます。








Translate »
テキストのコピーはできません。