移住したくない、住みたくない都道府県ランキング


日本の中でも、移住したくない、住みたくはないと思われる
都道府県があります。

住めば都とも言われますが、いったいどんな理由で住みたくないと
思われるのでしょうか?

生まれ育った場所ならば、ここがいいと多くの人は
住み慣れた場所が好きなはず。

自然環境

地震や台風などの自然災害が多い
気候が極端(暑い、寒い、雪が多いなど)
自然環境が乏しい(山や海が少ないなど)

経済状況

仕事が少ない
賃金が低い
物価が高い

生活環境

交通の便が悪い
医療施設が少ない
教育機関が少ない

治安が悪い

文化
自分と合わない
閉鎖的な雰囲気
差別的な考え方が根強い

東京

家賃が高い
人が多すぎる
通勤ラッシュが大変

大阪

暑すぎる
騒がしい
人がせっかち

沖縄

物価が高い
台風が多い
仕事が少ない

アンケートによると、「住みたくない都道府県」ランキングはこちらです。

1位:東京都
2位:大阪府
3位:福岡県
4位:愛知県
5位:埼玉県

これらの都道府県は、人口が多く、家賃や物価が高いことが理由として挙げられます。

東京は憧れの地域でもあり、夢がある人が行く人が多いところなので、
1位になっているのは意外でした。

個人的には、東京は大好きな場所です。美味しいお店やカフェも多いし。
なんとなくすべてがおしゃれ☆

大都市はあまり住みたくないと思われやすい地域なのかもしれません。

沖縄は、のんびりしていると言われ、気候もいいので人気ですね。
老後は移住したいなぁと考える人も多いのではないでしょうか?

また、東京と大阪は、通勤ラッシュや人混みなどがストレスになるという意見もありました。

働く場所が多く、仕事が東京なのでとりあえず住んでいるけど
老後はどこに住もうかなぁと悩む人も多いのかもしれません。

住みたくないと思われる県の理由は、人によって様々です。
自分が重視するポイントを考慮して、住む場所を選ぶことが大切です。








Translate »
テキストのコピーはできません。