醜形恐怖症になりやすい人、実は美人に多い?


醜形恐怖症は、自分の外見に強いこだわりを持ち、
実際には問題がないのに、身体の一部が欠点であると強く思い込み
日常生活に支障をきたす精神疾患です。

症状

自分の外見に強い劣等感を持っている
鏡を見ることを避けたり、逆に何度も鏡で自分の姿を確認したりする
化粧や服装で欠点を隠そうとする
美容整形を繰り返し受ける
人からじろじろ見られることを恐れる
写真撮影を拒否する
社交的な活動を避ける
うつ病や不安症を併発する

1. 性別

女性の方が男性よりも2倍ほど多く発症すると言われています。

2. 年齢

思春期から青年期に発症することが多く、
患者さんの約2/3が18歳までに発症しています。

3. 性格

几帳面で真面目な性格の人や、完璧主義の人、
他人からの評価を気にする人などがなりやすいと言われています。

4. 幼少期の経験

親から外見について否定的なことを言われたことがある
いじめやからかわれた経験がある
兄弟姉妹と外見を比べられたことがある

5. 遺伝

家族に醜形恐怖症の人がいない場合でも発症しますが、
家族歴がある場合は発症リスクが高くなります。

6. トラウマ

外見に関するトラウマ体験(いじめ、失恋、手術など)が
きっかけで発症することもあります。

7. ストレス

受験や就職、人間関係などのストレスがきっかけで
発症することもあります。

8. 精神疾患

うつ病や不安症などの精神疾患を併発している場合も多いです。

9. 摂食障害

神経性過食症や神経性過食症などの摂食障害を併発している場合も多いです。

10. 薬物

覚醒剤やステロイドなどの薬物の影響で発症することもあります。

11. メディアの影響

テレビや雑誌などのメディアで美の基準が強調されることによって、
外見へのこだわりが強くなり、醜形恐怖症を発症するリスクが高くなると考えられています。

12. SNSの影響

SNSで他人と自分の外見を比較することによって
外見への劣等感を感じ、醜形恐怖症を発症するリスクが高くなると考えられています。

さまざまな要因が複合的に絡み合って醜形恐怖症が発症すると考えられています。








Translate »
テキストのコピーはできません。