別れても繋がっていたいと言う男性の心理とは

別れたとしても、人間的に嫌いになったわけではないという場合、
友達としての関係を維持したいという気持ちが働きます。

そのため、別れても連絡を取り合ったり、会ったりすることもあります。

男女の別れって悲しいですよね。

今まで一番近くにいた人なのに別れたら、赤の他人なんて・・・

昔歌の歌詞でありました。
甘えていたあの腕が今はただの他人なんて・・・・

悲しすぎる現実ね。

早く私だって次の恋見つけなきゃ・・・

という歌。

別れたら、本当の他人よりも遠く。
絶対に二度と会ってはいけないような連絡してはいけない存在なんて・・・

寂しすぎます。

まだ未練がある場合、復縁のチャンスがあるかもしれないという期待から、関係を切らずにいることもあります。そのため、別れても連絡を取り合ったり、会ったりすることもあります。

別れて寂しい気持ちから、なんとか元カノと繋がっていたいという気持ちが働くこともあります。そのため、別れても連絡を取り合ったり、会ったりすることもあります。

男性が別れても繋がっていたいと思うことがあります。

別れた理由が、性格の不一致や価値観の違いなど、恋愛感情がなくなったことによる場合
別れた理由が、遠距離恋愛や仕事の都合など、外的要因による場合
別れた後も、お互いに好意を持っている場合

もし、男性から「別れても友達でいたい」と言われたら、
その男性の心理を理解した上で、自分の気持ちと照らし合わせて対応することが大切です。

もし、あなたがその男性のことを友達として好きであれば、
友達としての関係を築いていくのも一つの選択肢です。

しかし、その男性のことを恋愛対象としてまだ好きでいる場合、
友達としての関係を続けることで、余計に辛い思いをする可能性もあります。

また、その男性が復縁を狙っている場合、
友達としての関係を続けることで、復縁を期待させてしまうこともあります。






Translate »
テキストのコピーはできません。