歯ブラシの買いだめは劣化する?交換頻度はどのくらいの時期?




芸能人は歯がいのち、というCMが

ありましたが、全国民、歯は命です。

そして、 歯をきれいに保つためには、日々の歯磨きが大切。

前歯をきれいに磨くのはもちろん、届きにくい部分や奥歯も磨くべしです。

歯ブラシの買いだめは、歯磨きの効果を損なう可能性があります。

歯ブラシは、使用頻度や使用方法によって劣化しますが、

一般的には1か月を目安に交換することが推奨されています。

ブラシの毛が広がる

歯ブラシの毛は、使用することで徐々に広がってしまいます。広がったブラシの毛では、歯のすき間や奥歯の汚れを落としにくくなるため、歯磨きの効果が低下します。

ブラシの毛に菌が繁殖する

歯ブラシは、口腔内から飛び散った唾液や食べかすなどの汚れに触れるため、菌が繁殖しやすい環境にあります。菌が繁殖した歯ブラシは、歯磨きによって口腔内へ菌を持ち込む原因となります。

歯ブラシの買いだめをすると、劣化した歯ブラシを使い続ける可能性が高くなります。そのため、歯ブラシの買いだめは、歯磨きの効果を損なうだけでなく、口腔内の健康にも悪影響を及ぼす可能性があるのです。

1か月に1本ずつ、定期的に歯ブラシを交換する

歯ブラシを立てて収納し、ブラシの毛が濡れたまま放置しないようにする

歯ブラシは、毎日使うものだからこそ、適切に管理して、効果的に使いましょう。




Translate »
テキストのコピーはできません。