冷凍うどん 自然解凍で食べれる?冷凍うどんそのまま煮込むのはおいしくない?




うどんや焼きそば、そばなどは
スーパーで20円ほどで売っていたりするので、
まとめ買いしておきたいものです。

ただ、冷凍したものを調理する際、おいしくない
解凍したはずなのに麺がぼそぼそと枝分かれしたようになってしまうし
味もまずい・・・と悲しくなりますよね。

つるつるとしてコシのあるような麺ではないと、やはりうどんは本来の良さを
出せていません。

冷凍うどんを自然解凍で食べることはできますが、美味しく食べることはできません。

その理由は、冷凍うどんの主成分であるデンプンが、
自然解凍によってβデンプンに変化してしまうためです。

βデンプンは、αデンプンよりも粘り気が少なく、コシがないという特徴があります。

そのため、自然解凍した冷凍うどんは、ボソボソとした食感になってしまいます。

また、自然解凍では、うどんの中心部まで均一に解凍されるまでに時間がかかります。

そのため、中心部がまだ冷たいままで、外側だけが解けてしまうということもあります。

冷凍うどんを美味しく食べるために、自然解凍ではなく、電子レンジや鍋で解凍するのがおすすめです。

電子レンジで解凍する場合は、500Wで1分30秒程度加熱すると、
中心部まで均一に解凍することができます。

鍋で解凍する場合は、沸騰したお湯に入れて3〜5分程度茹でると、コシのあるうどんに仕上がります。

冷たくして食べたい場合は、一度電子レンジや鍋で解凍してから、冷水でしめると、コシと喉越しが良くなります。




Translate »
テキストのコピーはできません。